Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2007 - Vol.34

Vol.34 No.01

Review Article(総説)

(0027 - 0034)

深部静脈血栓の超音波診断

Ultrasonographic evaluation of deep vein thrombosis

松尾 汎

Hiroshi MATSUO

松尾循環器科クリニック

Matsuo Cardiovascular Clinic

キーワード : deep vein thrombosis (DVT), pulmonary embolism (PE), vascular ultrasound, compression ultrasonography, soleal vein thrombus

近年, 肺塞栓症(PE) または奇異性脳塞栓症の塞栓源にもなる深部静脈血栓症(DVT) は下肢の腫脹を主訴にすることが多いが, 全く無症状の場合もある. DVT の検索には種々の診断法が応用されているが, 超音波検査が無侵襲且つ「血栓」を証明できることから有用である. しかし, エコー検査は検査手技の習熟が必須で, 本稿では静脈エコー検査の汎用化を期して, その基本的手技を紹介する. 仰臥位で大腿静脈(高周波リニア型探触子) を中心に腸骨静脈(コンベッ クス型) を, 座位または臥位で膝窩(リニア型) および筋肉枝(ひらめ静脈, 腓腹静脈) を含む下腿静脈(コンベックス型・リニア型併用) を観察するが, 集中治療室などでは仰臥位のままでも観察が可能である. 基本的検査法は断層法で,静脈内腔の観察(急性期は拡張, 血栓エコーの存在), および圧迫法(乱暴な操作は禁忌) により容易に静脈内腔が圧縮されないことから血栓(急性期は拡張のまま, 慢性期は一部内腔が残存) を判定できる. また, カラードプラ法(流速レンジは10 cm/sec) での観察も, 血栓(血流シグナルの欠損) の判定に有効である. パルスドプラ法も間接所見としてではあるが, 中枢側(呼吸性変動の有無) および末梢側(ミルキング反応の有無) の推定に応用できる.

Ultrasonography is considered to be the most non-invasive and reliable diagnostic method for evaluating deep vein thrombosis. Compression ultrasonography (compression method) is the simplest ultrasonic technique for diagnosing venous thrombus. Recent advanced ultrasonic examinations can reliably diagnose both proximal deep vein thrombosis and calf vein thrombosis. In flow ultrasonography, color Doppler and pulsed Doppler signals are used to produce the images. Color Doppler results in a display of flowing blood as a color overlay to the gray-scale ultrasound image, which makes it easier to identify the veins. The flow in normal veins has a phasic pattern with respiration and can be augmented by a manual milking technique. When the phasic pattern or response to milking is absent, it indicates the presence of venous obstruction. The defects of color signals indicate venous thrombus.