Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2006 - Vol.33

Vol.33 No.01

Original Article(原著)

(0053 - 0064)

超音波カテーテル・ナビゲーションシステムの基礎的検討

Fundamental Study of Navigation System for Intravascular Ultrasound Probe

瀬尾 育弐1, 岩間 信行1, 本郷 宏信1, 小笠原 洋一1, 宮島 泰夫1, 山形 仁2

Yasutsugu SEO1, Nobuyuki IWAMA1, Hironobu HONGO1, Yoichi OGASAWARA1, Yasuo MIYAJIMA1, Hitoshi YAMAGATA2

1東芝メディカルシステムズ株式会社超音波開発部, 2東芝メディカルシステムズ株式会社研究開発センター戦略開発部

1Toshiba Medical Systems Corporation Ultrasound Systems Division, 2Toshiba Medical Systems Corporation Research & Development Center, Strategic Technologies Development

キーワード : catheterization, probe, transducers, ultrasonography

目的:医師・検査者が細径超音波プローブ(超音波カテーテル) を長時間X 線被曝や造影剤の注入なしに安全に血管内 に誘導できるように, 体外から超音波診断装置を用いて細径超音波プローブをナビゲーションする方式を検討する. 対象 と方法:超音波によるナビゲーションの方式を比較・検討した. その中から, 細径超音波プローブから超音波ビームを送 信し, その超音波を体表にて従来型リアルタイム超音波装置で受信し, 細径超音波プローブの位置をナビゲーションする 方式を最適と考え選定した. 結果と考察:細径超音波プローブの設計・試作を行った. ナビゲーション用トランスデュー サを細径超音波プローブの先端に配置し, その超音波放射面の前方に反射コーンを取り付けて, 超音波がプローブ周囲に 均等に放射されるようにした. 反射コーンの直径が1 mm, 反射コーンの角度が80ºの場合に, 音場パターンが最も一様 となった. また, 位置検出の精度は, 深さ20-100 mm において±1.5 mm以内であった. さらに, 疑似血流ファントム を用いて超音波による通信の実験を行い, チューブ内(擬似血流のパワードプラ像の示す領域) を外れることなく, 細径 プローブの位置を示すマーカが確実に移動していく様子をオフライン演算処理にて確認できた. 結論:2 次元超音波診断 装置での基礎的検討であるが, X 線を使わないナビゲーションシステムとしての基本性能を確認した.

Purpose: To evaluate a noninvasive navigation method employing a conventional diagnostic ultrasound system to safely advance a small-diameter probe through a blood vessel without prolonged x-ray exposure to the operator or physician. Subjects and Methods: We conducted a comparative study of navigation methods. The signal transmitted by a small diameter-probe placed in a blood vessel and received by a conventional real-time ultrasound system indicated the position of the probe. Results and Discussion: We designed and built the experimental probe and set up the experiment. The optimum shape of the conic reflector used to transmit broad-beam ultrasound was an 80-degree cone 1.0 mm in diameter. Indicated probe position in the basic navigation experiments was less than 賊1.5 mm from its actual position. Conclusions: Results confirmed the performance of a two-dimensional ultrasound system and suggested its potential value.