Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2006 - Vol.33

Vol.33 No.01

State of the Art(特集)

(0025 - 0035)

ドプラ法および造影法

Doppler Ultrasonography and Contrast-Enhanced Ultrasonography

小井戸 一光

Kazumitsu KOITO

札幌医科大学医学部放射線医学講座

Department of Radiology, Sapporo Medical University School of Medicine

キーワード : color Doppler ultrasonography, power Doppler ultrasonography, biliary tract, contrast enhanced ultrasonography

胆道疾患に対する超音波カラー・パワードプラ法と造影超音波に関する最近の知験をレビューした. 超音波カラー・パワー ドプラ法は脈管と胆管の鑑別に有用であり, これは閉塞性黄疸時における経皮経肝的胆道ドレナージを安全に施行するた めに有用である. 一方, 胆嚢内腫瘤の鑑別にも超音波カラー・パワードプラ法は有用であり, 胆嚢癌では腫瘍血管および 胆嚢動脈の最高流速が上昇する. 胆嚢癌のhigh risk group である膵胆管合流異常は, 胆嚢壁の動脈流速が上昇するとい われ, カラードプラ法が診断の契機となる. 胆嚢ポリープの鑑別においては, 胆嚢癌は造影超音波で樹枝状の血管構築を 呈することが多い点が他のポリープとの鑑別点になる. そのほか, カラードプラ法にて急性胆嚢炎と類似病態の鑑別や急 性胆嚢炎に伴う胆嚢穿孔, あるいは胆嚢壁流出静脈解析から胆嚢および周囲臓器の病態分析等が可能となる. また, 胆嚢 腫瘍とデブリは造影超音波によって確実に鑑別できるようになった. さらに高周波プローブを用いた超音波内視鏡下のカ ラー・パワードプラ法と造影超音波によって微少病変の詳細な検討ができる. 造影超音波に関しては本邦で唯一使用可能 な造影剤, Levovist® ではハーモニックイメージングが十分に行えず, したがってより微細な血管構築や臓器パーフュー ジョンを描出できないのが現状である. この意味で低音圧用造影剤の一日も早い認可が待たれる.

The possibilities and limits of colorpower Doppler ultrasonography (CPDUS) and contrast-enhanced ultrasonography (CEUS) in the diagnosis of biliary diseases are reviewed here in the light of research over the last 10 years. CPDUS is useful for discrimination of the dilated biliary trees and the vessels around the bile duct, allowing a safe percutaneous transhepatic biliary drainage. CPDUS and CEUS are also useful for differentiation of gallbladder tumors, especially between gallbladder tumors and sludge. CEUS can depict the vessel architecture in gallbladder cancer, revealing arborescent patterns of the tumor arteries and tumor enhancement at a parenchymal phase. CEUS allows detection of complications of acute cholecystitis such as gallbladder perforation. The use of endoscopic ultrasonography (EUS) can provide more precise analysis of CPDUS and CEUS for smaller lesions of the biliary tract. However, Levovist®, which is at present the only contrast agent used in Japan, does not allow harmonic imaging. New contrast agents for low-power ultrasound are needed in order to obtain more precise images of the vascular architecture and perfusion of biliary tumors.