Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2005 - Vol.32

Vol.32 No.04

Review Article(総説)

(391 - 400)

ティッシュハーモニックイメージング

Tissue Harmonic Imaging

秋山 いわき

Iwaki AKIYAMA

湘南工科大学工学部電気電子メディア工学

Department of Electric and Electronic Media Engineering, Faculty of Engineering, Shonan Institute of Technology

キーワード : artifact, harmonic generation, phase inversion, sidelobe, waveform deformation

ティッシュハーモニックイメージングについて, その手法および特徴ならびに高調波発生のメカニズムについて述べている. まず, 超音波エコー画像の分解能および画質についてのその特徴を明らかにして, 従来の画像とティッシュハーモニックイメージを比較する. 次に, 高調波発生のメカニズムについて音速の振幅依存性に起因して発生する波形ひずみ現象を用いて説明する. そして, ハーモニックイメージについて特有の現象や最近の技術, 特に位相反転法について説明する.

The author describes the characteristics of tissue harmonic imaging and the mechanism of harmonic generation. He shows the spatial resolution and image quality of ultrasonic echographic images first and then compares conventional and tissue harmonic images. The mechanism of harmonic generation is explained next by using waveform deformation phenomena produced by amplitude-dependent sound velocity. Last, the specific phenomenon of the tissue harmonic image is explained, and the phaseinversion method and other recent technology are discussed.