Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2005 - Vol.32

Vol.32 No.02

State of the Art(特集)

(123 - 131)

副腎の超音波診断

Ultrasonography of the Adrenal Gland

牛山 知己

Tomomi USHIYAMA

浜松医科大学泌尿器科

Department of Urology, Hamamatsu University School of Medicine

キーワード : adrenal gland, ultrasonography, adenoma, carcinoma, pheochromocytoma

正常副腎を超音波断層法で描出することは難しく, 径1-2 cm以上の腫瘤があると描出できるようになる. 副腎の検索にはCTやMRIの方が優れているが, 小児や妊婦では超音波断層法が第一に選択される. 特に, 新生児期には副腎の検索に超音波断層法が適しており, 副腎疾患のスクリーニングに用いられている. 疾患別の超音波断層像の所見は, 腺腫では内部均一な低エコー像となり, 皮質癌や褐色細胞腫では内部不均一な腫瘤像を呈することが多い. しかし, 腫瘍径が小さい場合には転移性腫瘍など他の腫瘍でも低エコー像を呈するので鑑別は困難である. 骨髄脂肪腫は典型的な場合には高エコー像を呈し, 特徴的な所見である. 副腎腫瘍の鑑別診断にはCTやMRIも併せた総合評価が必要である. 超音波断層法は, 生検や治療目的での副腎穿刺の際のモニタリングや, 腹腔鏡下手術, 特に副腎部分切除術の際の腫瘍と正常部の確認にも用いられている. 超音波断層法による腹部スクリーニングが一般化しており, 小児や妊婦では副腎を検索する第一選択の検査法になっているので, 超音波断層法による副腎の描出法や腫瘍の特徴を理解している必要がある. 今後, インシデンタローマの発見増加に伴い, 経過観察となる腫瘍が増加することが予想され, 経過観察の際の評価法として超音波断層法の重要性がさらに増すことが考えられる.

Although the normal adrenal gland is seldom detected, ultrasonography can detect adrenal tumors more than 1 to 2 cm in diameter. For imaging the adrenal gland, CT and MRI are superior to ultrasonography; however, ultrasonography is the better choice for the initial examination of the adrenal glands of children and pregnant women. Ultrasonography usually shows a homogeneous hypoechoic mass in adenomas, and a heterogeneous mass in pheochromocytomas and carcinomas. Adenomas, however, are difficult to differentiate from metastatic and other adrenal tumors, especially when the tumors are small. In myelolipomas, ultrasonography depicts the characteristic hyperechoic mass. A combination of both imaging methods is necessary for a detailed diagnosis of an adrenal tumor. Ultrasonography can be used to guide the needle when puncturing an adrenal tumor and to diagnose the tumor intraoperatively in laparoscopic adrenal surgery. Because ultrasonography is always used in routine physical examinations and is the imaging modality of choice for children and pregnant women, knowledge of the ultrasonography of the adrenal gland is essential. Also, because the incidence of incidentaloma, incidentally discovered adrenal tumor, will increase, ultrasonography is likely to become important in following up the clinical course of incidentalomas.