公益社団法人日本超音波医学会|The Japan Society of Ultrasonics in Medicine

超音波専門医制度委員会

(会 告)

公益社団法人日本超音波医学会認定超音波専門医制度
研修施設及び研修施設群の指定(新規、更新、指定変更)について

公益社団法人日本超音波医学会
理事長 工藤 正俊
認定超音波専門医制度委員会
委員長 北野 雅之

第30回超音波専門医研修施設及び研修施設群の指定に関する審査申請の受付を行います。受付は、年1回のみとなります。

  1. 新規に、研修施設または研修施設群(基幹施設又は連携施設)の指定を受けようとする診療施設の長は、下記をご確認の上、所定の期日迄に申請してください。
  2. 研修施設から基幹施設または連携施設へ指定変更を希望する診療施設の長は、下記をご確認の上、所定の期日迄に申請してください。

基幹施設および代表者一覧を公示しますので、こちらからご確認ください。  こちら

1. 申請資格 本会ウェブサイトに掲載している「会告 超音波専門医研修施設及び研修施設群(基幹施設・連携施設)の指定条件等について」をご確認の上、指定希望施設の指定条件を充足していること。
特に、基幹施設は研修施設群の維持・継続において、非常に重要な役割を担うため、下記会告の「5.基幹施設の役割等の重要事項」を必ず熟読すること。

会告 超音波専門医研修施設及び研修施設群(基幹施設・連携施設)の指定条件等について

2. 申請書類の作成・提出 申請書類は全て(新規、更新、指定変更)、本会ウェブサイトの申請フォームにて作成いただきました後、所定の期日迄に簡易書留またはレターパックプラスにて、下記「6. 問い合わせ先」までお送りください。
なお、申請フォームは、本会ウェブサイトの超音波専門医ページに設置し、2019年12月2日(月)5日(木)から公開します。

超音波専門医ページ


申請書類提出時の注意事項(必読)
  1. 単独で、研修施設または基幹施設の指定を得ようとする場合
    → 自施設の分のみご提出ください。
  2. 基幹施設と連携施設で研修施設群を構築して申請する場合
    → 連携施設で作成された申請書類を、基幹施設で全て取り纏め、基幹施設がまとめて(自施設分+連携施設分)提出してください。
  3. 連携施設の指定を得ようとする場合
    → 基幹施設の長の承認を受けたうえで、自施設分のみ提出してください。(2019年10月30日追記)
3. 今年度が施設更新年にあたる診療施設 今年度が施設更新年にあたる診療施設の長には、事務局より12月初旬に施設の更新案内を送付します。
4. 申請書類受付期間 2019年12月9日(月)~2020年1月31日(金)(当日消印有効) ※申請フォームは2019年12月2日(月)5日(木)から公開します。
5. 審査結果の通知及び指定証の交付
  1. 審査結果は、審査に合格した施設には2020年4月上旬に指定証の送付をもって、また不合格の施設には2020年3月末迄に手紙の送付をもって通知いたします。
  2. 審査に合格した施設には、2020年4月1日付けの指定証を交付します。
※施設の指定期間については、「会告 超音波専門医研修施設及び研修施設群(基幹施設・連携施設)の指定条件等について」の「7.更新サイクル」をご確認ください。
6. 問い合わせ先 本制度に関する質問は、氏名、所属、連絡先を明記の上、下記宛にお問い合わせください。

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-23-1 お茶の水センタービル6階
公益社団法人日本超音波医学会 超音波専門医制度委員会
TEL:03-6380-3711
E-mail:soumu@jsum.or.jp