Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

一般口演 産婦人科
胎盤・臍帯 1

(S711)

臍帯過捻転における胎児死亡に関連する所見の検討

Ultrasound findings in cases with and without intra-uterine fetal death in hyper-coiled cord

倉崎 昭子, 長谷川 潤一, 古谷 菜摘, 原田 賢, 佐々木 貴充, 吉岡 範人, 鈴木 直

Akiko KURASAKI, Junichi HASEGAWA, Natsumi FURUYA, Ken HARADA, Takamitsu SASAKI, Norihito YOSHIOKA, Nao SUZUKI

聖マリアンナ医科大学産婦人科学

Depertment of Obstetrics and Gynecology, St. Marianna University School of Medicine

キーワード :

【緒言】
臍帯過捻転は,しばしばみられる臍帯異常で,胎児発育不全(FGR)や胎児機能不全に関連する.しかし,FGRがなくとも突然の胎児死亡の原因になることもあり,通常の管理では適切な娩出のタイミングを逸してしまうこともある.本報告では,同様な過捻転によるFGR例で生存と死亡症例を比較し報告する.
【生存症例】
34歳,初妊婦.妊娠25週FGRのため当院紹介となった.初診時の超音波では推定体重361g(-3.6SD)のFGRを認めた.胎児の形態異常は認めなかったが,胎盤は後壁付着で小さく,臍帯付着部は正常.臍帯過捻転を認め,羊水ポケットは25mmであった.子宮下部に45mm大の子宮筋腫を認めた.入院管理し,超音波検査で緩慢ではあったが発育を認め,超音波ドプラ波形異常を認めなかった.CTGでは変動・遅発一過性徐脈の散発を認めたが,基線細変動はあった. 妊娠35週3日でFGR,骨盤位の診断で帝王切開術を施行した.児は出生体重916g,Apgar scoreは1分値6点,5分値8点,臍帯動脈pHは7.22で,明らかな異常所見を認めず,NICU入院中である.胎盤は261g,臍帯は63cm,過捻転を認め,病理組織所見では絨毛はうっ血調で辺縁梗塞巣が散見され,一部石灰化を認めた.臍帯には病理学的に異常を認めなかった.
【死亡症例】
30歳,初妊婦.妊娠28週FGRのため当院紹介となった.初診時の超音波では推定体重897g(-1.9SD)のFGRを認めた.胎児の形態異常は認めなかったが,胎盤は形態異常を認めず,臍帯付着部は正常.臍帯過捻転(Coiling index 0.7)を認め,羊水ポケット26mmであった.Biophysical scoringは正常で,臍帯動脈ドプラは正常範囲内であった.臍帯静脈流速は10cm/sであったが,臍帯静脈拍動を認めた.母体の合併症などなく,FGRの原因は臍帯異常や胎盤機能不全によるものと考えた.外来で経過観察したが,その後も-2.0SD程度の推定体重で推移し,羊水ポケットも30mm程度で羊水過少を認めなかった.妊娠34週,胎動減少のため受診,胎児心拍はなく子宮内胎児死亡の診断となった.子宮頸管拡張を施行し,同日経腟分娩となった.児は1362g,女児,体表奇形を認めなかった.解剖は希望されず施行していない.臍帯は104cmあり過捻転を認めた.胎盤から臍帯過捻転の途中までは暗赤色であったが,胎児側は白色であった.胎盤病理検査では臍帯炎や絨毛膜用膜炎の所見は認めなかった.
【考察】
臍帯過捻転の胎児死亡の背景には急激な臍帯血流の循環不全があった.そのような状態は,FGRの程度やCTGでの判断は難しく,臍帯動脈よりも静脈で変化が大きく,深い臍帯静脈拍動を認める場合は,捻転による臍帯血流の圧迫を示唆する状態であるかもしれない.