Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

共同企画
日本心エコー図学会との共同企画 超音波による心血管機能評価

(S544)

左室機能:収縮評価 EFとGLS

Left ventricular function: Global longitudinal strain and ejection fraction

浅沼 俊彦

Toshihiko ASANUMA

大阪大学医学部保健学科

School of Allied Health Sciences, Osaka University

キーワード :

心筋ストレインは,局所心筋運動の定量評価を目的として導入された心筋変形の指標で,組織ドプラ法またはスペックルトラッキング法を用いることで簡単に解析できる.組織ドプラ法では超音波照射方向のストレインしか評価できないという角度依存性の問題があったが,スペックルトラッキング法では左室すべての領域のストレイン波形を得ることができるため,近年では左室全体の評価にも応用されるようになった.特に,長軸方向グローバルストレイン(global longitudinal strain: GLS)は,駆出率(ejection fraction: EF)ではわからない収縮異常を検出できることが示唆され,様々な疾患の予後推定に有用であることが報告されている.2015年のASE/EACVIのガイドラインにおいても新しい左室全体の収縮指標として取り上げられたことから,今後,臨床で広く用いられることが期待されている.本シンポジウムでは,GLSを用いた心機能評価法と臨床における有用性,及びEFとの違いは何に起因するのかについて解説する.