Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2018 - Vol.45

Vol.45 No.Supplement

特別プログラム・知を究める 小児
シンポジウム 小児2 小児腎・尿路感染症と尿路奇形の超音波診断

(S378)

小児の尿路感染症と腎尿路奇形

Imaging of urinary tract infection in children and urological malformation

赤坂 好宣

Yoshinobu AKASAKA

兵庫県立こども病院放射線診断科

diagnostic radiology, Kobe Children's Hospital

キーワード :

腎・尿路奇形は心血管系の奇形に次いで頻度が高いとされ画像診断で偶然発見されることも多い.小児の尿路感染症では腎・尿路奇形の合併頻度が高く複雑尿路感染症とよばれ腎機能障害に進展しやすいといわれる.このため,小児の尿路感染症が疑われたときは尿路奇形の有無を早期に診断することが望まれる.
小児の腎・尿路の超音波検査を行う上で,奇形の知識を系統立てて覚えておくことが望まれる.大きく1. 腎の発生段階の異常のパターンと2. 拡張尿路形態からみた尿路奇形のパターンにわけて振り返ると比較的理解しやすい.
1. 腎の発生段階の異常のパターンでは,発生しない場合(両側・片側),発生したが正常ではない場合(異形成,低形成),正常に発生したが位置が正常と異なる場合(骨盤腎,異所性腎,馬蹄腎,交叉性癒合腎)にわけて解説する.
2. 拡張尿路形態からみた尿路奇形のパターンでは,腎以外の尿路の先天奇形は異常部位より上位の尿路が拡大する.水腎症や水腎水尿管症など拡大尿路形態で考えるべき奇形が異なり,それを上位の異常から振り返ってみたい.最も上位での異常の場合,腎実質内に尿がとどまり多嚢胞異形成腎となる.次に腎盂尿管移行部より上位が拡大した場合が腎盂尿管移行部狭窄である.膀胱尿管移行部より上位の尿路拡大(水腎水尿管症)であれば膀胱尿管移行部狭窄,膀胱尿管逆流症,尿管異所開口,尿管瘤などが対象となる.これらの疾患の診断において注意すべき点や鑑別の方法などを解説する.
また,こういった奇形の合併の有無にかかわらず,小児の尿路感染症の画像診断について超音波像や造影CTなどを提示し,診断の進め方や鑑別疾患を解説する.