Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.03

State of the Art(特集)

(0477 - 0482)

Dual gate Doppler法がもたらす可能性について

Recent advances and future of dual gate Doppler assessment for fetal condition

中田 雅彦

Masahiko NAKATA

東邦大学医療センター大森病院産婦人科

Department of Obstetrics and Gynecology, Toho University Omori Medical Center

キーワード : dual Doppler, pulsed wave Doppler, tissue Doppler imaging, fetal arrhythmia, fetal cardiac function

Dual gate Doppler法は,従来は1つの関心領域のDoppler信号しか検出できなかった方式と異なり,同時に2つのサンプリングポイントを設定することで,超音波断層像上の異なる位置の血管や組織のDoppler法を同時に測定することを可能にした.このことで,胎児の動脈系と静脈系の血流評価が同時相で可能となり,胎児不整脈の診断が容易となった.また,pulsed wave Doppler法のみならず組織ドプラ法での測定が可能なため,胎児心機能評価における新たな可能性をもたらすことが期待される.成人領域と異なり,限られたデバイスでしか評価することができない胎児の機能評価において新たな未来を想像させてくれる.

Dual gate Doppler analysis is one of the most useful methods developed in recent years. This technology allows us to assess two different regions of interest simultaneously. It facilitates the diagnosis of fetal arrhythmia. Furthermore, two different techniques, such as pulsed wave Doppler and tissue Doppler imaging, can be employed simultaneously. We hope dual gate Doppler analysis will allow us to investigate fetal circulation and/ or fetal condition.