Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
乳腺

(S829)

嚢胞内腫瘤のエコー像を示した乳房Neuroendocrine DCISの1例

A case of neuroendocrine ductal carcinoma in situ of the breast detected by ultrasonography as an intracystic breast tumor

櫻井 健一1, 2, 藤崎 滋2, 富田 凉一2, 長島 沙樹1, 2, 鈴木 周平1, 2, 原 由起子1, 2, 安達 慶太1, 増尾 有紀1, 榎本 克久1, 平野 智寛1

Kenichi SAKURAI1, 2, Shigeru FUJISAKI2, Ryouichi TOMITA2, Saki NAGASHIMA1, 2, Shuhei SUZUKI1, 2, Yukiko HARA1, 2, Keita ADACHI1, Yuki MASUO1, Katsuhisa ENOMOTO1, Tomohiro HIRANO1

1日本大学医学部外科学系乳腺内分泌外科学分野, 2医療法人社団藤崎病院外科

1Department of Breast Endocrine Surgery, Nihon University School of Medicine, 2Department of Surgery, Fujisaki Hospital

キーワード :

乳腺原発のNeuroendocrine tumorは稀であり,その多くが浸潤癌として発見される.今回われわれは術前の画像診断で嚢胞内腫瘍の診断であったNeuroendocrine ductal carcinoma in situ(NE-DCIS)のを経験したので報告する.
症例は40歳,女性.職域検診で両側の乳房腫瘍を指摘され,当科を紹介・受診した.
マンモグラフィ検査では右M-S領域に微小円形・集簇性の石灰化病変を認めCategoryIIIと診断された.超音波検査では右E領域に直径9mmの嚢胞を認めた.嚢胞内部には充実性部分を認めた.ドプラーエコー検査では嚢胞内部の充実性部分に豊富な血流信号を認めが,嚢胞壁に血流信号は認めなかった.造影MRI検査では右乳房E領域に直径8mmの境界明瞭な造影効果のある腫瘤性病変を認めた.腫瘍部のTime Intensity Curveは境界域であった.
確定診断目的に同部位に対して超音波ガイド下に吸引式針生検を施行したところ,病理組織診断は乳腺症の診断であり,悪性所見を認めなかった.画像診断で悪性の疑念が捨てきれないことから,局所麻酔下に摘出生検術を施行した.病理組織診断はNE-DCIS,ER陽性,PgR陽性,HER-2陰性,Ki-67:5%の診断であった.切除断端が陰性であったため追加手術は施行しなかった.全身検索の結果,明らかな他臓器転移は認めなかったためTisN0M0=Stage0の診断であった.術後経過は良好であり,第7病日に抜糸.術後39ヶ月目の現在,Tamoxifenの投与のみで経過をみているが,明らかな転移・再発を認めていない.