Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
消化器 その他③

(S823)

石灰化門脈血栓の2例

Calcified portal thrombus: report of two cases

桜庭 聡美1, 石田 秀明2, 渡部 多佳子2, 小松田 智也2, 八木澤 仁2, 宮内 孝治3, 長沼 裕子4, 大山 葉子5

Satomi SAKURABA1, Hideaki ISHIDA2, Takako WATANABE2, Tomoya KOMATSUDA2, Hitoshi YAGISAWA2, Koji MIYAUCHI3, Hiroko NAGANUMA4, Yoko OHYAMA5

1秋田赤十字病院臨床研修センター, 2秋田赤十字病院超音波センター, 3秋田赤十字病院放射線科, 4市立横手病院消化器科, 5秋田厚生医療センター臨床検査科

1Department of Clinical Resident Center, Akita Red Cross Hospital, 2Department of Diagnostic Ultrasound, Akita Red Cross Hospital, 3Department of Radiology, Akita Red Cross Hospital, 4Department of Gastroenterology, Yokote Municipal Hospital, 5Department of Medical Laboratory, Akita Kousei Medical Center

キーワード :

【はじめに】
我々は過去の本学会で肝内外門脈血栓の超音波所見を報告,特に臨床的に重要な門脈腫瘍栓との鑑別点に関しても言及してきた.今回この両者の鑑別上有用と思われる血栓の石灰化について報告する.これは今までの報告を補足する意味があり,さらに明瞭なBモード所見であることから臨床的に有用と思われる.
【使用診断装置】
東芝社製:AplioXG, 500, GE社製:LOGIQE9
【症例1】
70歳代男性.20年来のC型肝硬変で外来経過観察中.脾腫や側副血行路の発達はあるが経過中肝細胞癌発生なし.肝内門脈は順向性で血栓なし.肝外門脈三管合流部(脾静脈-上腸間膜静脈-門脈本幹,合流部)に2cm長の軟部陰影を認めその内部に数ミリ大の音響陰影(AS)を伴うStrong echoが散在していた.造影超音波上,軟部陰影は全く無染であり,これは血栓と診断可能であった.血栓は内腔を完全閉塞せず,周囲を向肝性門脈血流が認められた.なお,この所見は5年以上にわたり不変である.
【症例2】
80歳代男性.10年来のC型肝硬変で外来経過観察中.症例1とほぼ同様の所見で,脾腫や側副血行路の発達はあるが経過中肝細胞癌発生なし.肝内門脈は順向性で血栓なし.肝外門脈三管合流部(脾静脈-上腸間膜静脈-門脈本幹,合流部)に石灰か内包する血栓あり.なおこの例でも血栓は内腔を完全閉塞せず,周囲を向肝性門脈血流が認められた.
【考察】
門脈血栓と腫瘍栓の鑑別点として,腫瘍栓では内部に造影超音波上染まり(血流)を認めることが精度的には高いが,やはり日常臨床ではBモードによる鑑別が重要である.両者の内部エコー輝度は時期により変化するため信頼度が低い.その意味では今回取り上げた石灰化の存在を確認することは,門脈内軟部陰影が血栓であることを示す所見として認識されるべきである.ちなみに,この石灰化所見は我々が経験した20例の血栓中2例と低率であったが門脈腫瘍栓18例では全く認めず,鑑別点としては意味のある所見と思われた.一方,門脈血栓の終末像としてcavernous transformation of the portal vein(CTPV)がある.これは,門脈が血栓により完全閉塞し,門脈とその周囲組織が瘢痕化したのちその周囲に発達した門脈系の微細側副血行路の総称であり,現在では広く知られている.今回の2例では長期の不完全閉塞であるためか,CTPVはみられず門脈血流は保たれ続けている.このことは門脈血栓の終末像として,1)血栓自体が凝固し石灰化する方向を示す場合,2)血栓自体が門脈を完全閉塞し全体が瘢痕化する方向を示す場合,があることを示しており,門脈血栓の方向性を考える上でも示唆に富む所見と思われ報告した.