Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
消化器 消化管:悪性

(S818)

術前超音波検査で虫垂−回腸瘻を診断し得た虫垂腺癌の1例

In the pre-operative ultrasound examination Appendix-1 of Appendix cancer diagnosed and Ileostomy

三崎 美江1, 西谷 文1, 西浦 文平2, 柏木 裕貴2, 井上 達史2, 石村 健2, 若林 久雄2

Mie MISAKI1, Aya NISHITANI1, Bunpei NISHIURA2, Hirataka KASHIWAGI2, Tatushi INOUE2, Ken ISHIMURA2, Hisao WAKABAYASHI2

1社会福祉法人恩賜財団済生会支部香川県済生会病院生理検査科, 2社会福祉法人恩賜財団済生会支部香川県済生会病院外科

1Physiological Labolatory, Kagawakenn Saiseikai Hospital, 2Surgery, Kagawakenn Saiseikai Hospital

キーワード :

【はじめに】
原発性虫垂癌は比較的稀な疾患で,術前診断が困難な場合が多く予後不良である.さらに虫垂−回腸瘻を伴う例の報告は少ない.今回虫垂腺癌が虫垂先端部で回腸に浸潤して瘻孔を形成し,術前超音波検査でそれを診断し得た1例を経験したので報告する.
【症例】
74歳代女性,下腹部痛にて近医を受診し,腹部超音波検査で虫垂の腫大を指摘され当院紹介となった.
【来院時検査】
腹部超音波検査で虫垂の腫大と虫垂−回腸瘻を認め,瘻孔部での虫垂−回腸間の腸内容の往来が確認できた.また十二指腸付近に2cm大のリンパ節腫大を1個認めた.CT検査でも同様に虫垂腫大と虫垂−回腸瘻の可能性が指摘された.大腸内視鏡検査で虫垂開口部に虫垂内部へと続く腫瘍を認めた.
【経過】
穿通部回腸を含む回盲部切除術(D3郭清)が行なわれた.虫垂は回盲弁から約50cm口側の回腸と瘻孔形成しており,同部の小腸間膜内リンパ節にも腫大を認めた.腹膜播種や腹膜偽粘液腫は認めなかった.病理検査結果では主として高分化型腺癌で,一部に粘液湖を有し,虫垂先端部で回腸への浸潤を認め瘻孔部で小腸粘膜に達していた.合併切除した小腸間膜内のリンパ節も含めて検索したが,リンパ節転移は2個あった#203のうちの1個のみであった.術後は問題なく経過し,現在外来でUFT/LVによる術後補助化学療法を施行中である.