Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
消化器 消化管:悪性

(S818)

早期大腸癌2例における体外式腹部超音波画像−病理組織像との対比を含めて

Two cases of early colorectal cancer diagnosed by ultrasonography; comparison with pathological findings

関 康1, 今井 康陽2, 森本 修邦3, 大橋 寛嗣4, 比嘉 裕次1, 一樋 政宏1, 藤田 典彦1, 福田 和人2, 太田 博文3, 柴田 邦隆3

Yasushi SEKI1, Yasuharu IMAI2, Osakuni MORIMOTO3, Hirotsugu OOHASHI4, Yuuji HIGA1, Masahiro ICHIHI1, Norihiko FUJITA1, Kazuto FUKUDA2, Hirofumi OOTA3, Kunitaka SHIBATA3

1市立池田病院放射線科, 2市立池田病院消化器内科, 3市立池田病院消化器外科, 4市立池田病院病理診断科

1Department of Radiology, Ikeda City Hospital, 2Department of Gastroenterology, Ikeda City Hospital, 3Department of Gastroenterological Surgery, Ikeda City Hospital, 4Department of Pathology, Ikeda City Hospital

キーワード :

【はじめに】
系統的走査法の普及に伴い消化管領域における超音波検査の有用性は既に広く知れわたっている.最近では大腸癌における超音波検査の役割は転移巣の検出や病変部の同定に留まらず深達度診断の評価に関する報告を多数認めるが,いずれも進行癌のものばかりで早期がんの診断では通常の体外式超音波はほぼ無力に等しいと言われている.今回我々は,体外式超音波画像と病理組織像との対比が可能であった早期大腸癌の2例を経験したので報告する.
【症例】
症例1は77歳女性で外陰部Paget病のfollow up目的のFDG-PETにて上行結腸にFDGの集積を認め,CFにてバウヒン弁2襞上に25mm大の大腸癌病変(Ⅱa+Ⅱc)を認めた.腹部超音波ではバウヒン弁の頭側の上行結腸前壁に14mmの範囲で粘膜層の肥厚(厚さ3.3mm)を認めた.病変部の粘膜下層も軽度肥厚し層構造は保たれていたが中央でのみ一部層構造に断裂様の所見を認め,深達度はMPを疑ったが病理診断ではAdenocarcinoma of colon(SM)であった.症例2は77歳男性で検診後精査のCFにて下行結腸に20mm大の大腸癌病変(Ⅱa+Ⅱc)を認めた.腹部超音波でも下行結腸(S-D junc.)に19mmの範囲で粘膜層の肥厚(厚さ4.9mm)を認めた.病変部の粘膜下層にも肥厚を認めたが層構造は全周性に保たれており深達度はSMと診断した.病理診断ではAdenocarcinoma of sigmoid colon(SM 3mm)であった.
【結語】
体外式超音波でも高周波プローブにて層構造を丁寧に観察することで,早期癌であってもその病変部の指摘と深達度を推測することが可能であると思われた.