Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
消化器 肝腫瘍②

(S807)

肝内脈管へ血栓形成を認めた肝膿瘍の3例

Evaluation of vascular system around liver abscess by contrast-enhanced ultrasound

渡部 多佳子1, 石田 秀明1, 長沼 裕子2, 大山 葉子3, 石井 透1, 宮内 孝治4, 武藤 理5, 相馬 輝久1, 小松田 智也1, 八木澤 仁1

Takako WATANABE1, Hideaki ISHIDA1, Hiroko NAGANUMA2, Yoko OHYAMA3, Toru ISHII1, Koji MIYAUCHI4, Osamu MUTO5, Teruhisa SOMA1, Tomoya KOMATSUDA1, Hitoshi YAGISAWA1

1秋田赤十字病院超音波センター, 2市立横手病院消化器内科, 3秋田厚生医療センター臨床検査科, 4秋田赤十字病院放射線科, 5秋田赤十字病院腫瘍内科

1Department of Diagnostic Ultrasound, Akita Red Cross Hospital, 2Department of Gastroenterology, Yokote Municipal Hospital, 3Department of Medical Laboratory, Akita Kousei Medical Center, 4Department of Radiology, Akita Red Cross Hospital, 5Department of Medical Oncology, Akita Red Cross Hospital

キーワード :

我々は,前回の本学会で造影超音波検査が肝膿瘍の診断に有用である事を報告した.今回は,肝膿瘍自体のみならず周囲脈管の血栓拾い上げ診断に造影超音波が有用であった肝膿瘍の3例を経験したので報告する.使用診断装置:東芝社製AplioXG, Aplio500,GE社製LOGIQE9.超音波造影剤はソナゾイド®(第一三共社)を用い,通常の肝腫瘍の造影方法に準じた.
【症例1】
80歳代男性.急性胆嚢炎に続発した肝S5の数ミリ大の小膿瘍多数あり.その膿瘍周囲の門脈(P5)内に血栓も認めた.抗生剤静注を中心とした入院治療するも軽快まで26日を有した.
【症例2】
70歳代男性.手術不能肝門部胆管癌に伴う閉塞性黄疸に対し留置ステント療法施行.経過観察中に胆管炎による発熱,肝機能異常あり.さらに肝S4に約20mm大の小膿瘍を認めた.さらにその膿瘍から近傍の中肝静脈分枝に進展する血栓形成も認めた.この肝静脈血栓はBモードでは描出困難であったが造影超音波で明瞭に認識された.臨床的に敗血症を合併していた.緊急で膿瘍ドレナージ施行.その際のX線下造影で交通する肝静脈へ造影剤の流出を認めた.なお,この膿瘍-肝静脈直接交通はCTでは不明瞭であった.その後敗血症は改善したが病状が安定するまで2ヵ月を要した.
【症例3】
70歳代男性.手術不能膵頭部癌に伴う閉塞性黄疸に対しステント留置後化学療法開始.経過観察中に胆管炎による発熱,肝機能異常あり.肝右葉全体に8-40mm大の小膿瘍を多数認めた.造影超音波で膿瘍の診断に加え,それら膿瘍と近傍の門脈,肝静脈内に進展する血栓形成も認めた.臨床的に敗血症を合併していたが膿瘍が多数であることから抗生剤増量し対処.症状の増悪軽快を繰り返している.なおこの例においても,膿瘍-肝静脈直接交通はCTでは不明瞭であった.
【考察】
造影超音波法の導入以来,肝膿瘍の超音波診断は飛躍的に精度が向上した.具体的には,内部が液状部であることの検証や炎症に起因する膿瘍周囲のhypervascular rimの存在,などであり,現在肝膿瘍を疑ったら造影超音波検査は必須な診療環境にまで至っている.しかし,今回我々が提示した,肝膿瘍の周囲脈管系へ対する影響を造影超音波で判定することに関してはほとんど報告されていない.しかし,臨床的にはこの膿瘍の重症化を示す近傍脈管への影響を診断することは重要である.とくに敗血症の誘因ともなる肝静脈内の血栓形成を早期に拾い上げることは重要で,今後肝膿瘍例に関してはその周囲脈管の状態を造影超音波で詳細に観察必要があると思われる.
【まとめ】
肝膿瘍が周囲脈管系へ進展した場合重篤化を考慮し診療に当たる必要がある.造影超音波検査は膿瘍の周囲脈管系への影響を把握するのに有用である.