Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
消化器 肝腫瘍②

(S806)

肝adrenal rest tumorの1例

A case of adrenal rest tumor of the liver

近藤 吉将1, 渡邊 亮司1, 中田 浪枝1, 山口 直美1, 武田 伸也1, 藤澤 憲司2, 松野 剛2, 上原 貴秀3, 山口 朋孝3, 恩地 森一3

Yoshimasa KONDO1, Ryoji WATANABE1, Namie NAKATA1, Naomi YAMAGUCHI1, Shinya TAKEDA1, Kenji FUJISAWA2, Tsuyoshi MATSUNO2, Takahide UEHARA3, Tomotaka YAMAGUCHI3, Morikazu ONDI3

1済生会今治病院検査部, 2済生会今治病院外科, 3済生会今治病院内科

1Department of Clinical Laboratory, Imabari Saiseikai Hospital, 2Department of General Surgery, Imabari Saiseikai Hospital, 3Internal Medicine, Imabari Saiseikai Hospital

キーワード :

【症例】
71歳 女性 既往歴:糖尿病,高血圧,胆嚢結石,胆嚢腺筋腫症疑い,肝血管腫疑い 現病歴:7年以上前より,他院で胆嚢腺筋腫症と肝血管腫を経過観察されていた.超音波検査で胆嚢腺筋腫症の増大とCEAの軽度上昇を認め,胆嚢摘出術目的のため当院外科紹介となった.
【血液・生化学検査】
TTT 12.1U,ZTT 14U,CEA 5.6ng/ml,CA19-9 29.7U/ml,AFP 2.7ng/ml,PIVKA 18mAU/ml,HBs抗原陰性,HCV抗体陰性.
【超音波検査所見】
S1/7辺縁よりやや突出する辺縁不整,境界不明瞭な28×24mmの等エコー腫瘤を認めた.カラードプラでは腫瘤内部に血流信号を認めなかった.他院で経過観察中の肝血管腫と思われたが,質的診断を要したため精査を勧めた.胆嚢内腔に10mm前後の結石を数個認めた.胆嚢底部に限局した4mmの壁肥厚部にcystic lesionとcomet like echoを認め,腺筋腫症を疑う所見であった.
【MRCP所見】
胆嚢体部から頸部に結石に相当する無信号域を認めた.胆嚢底部に限局した壁肥厚と,小嚢胞構造の集簇を認め胆嚢腺筋腫症に一致する所見であった.胆管拡張や総胆管に明らかなfilling defectを指摘し得なかった.S1/7の肝辺縁被膜下に塊状の脂肪織を含む約30mmの腫瘤を認めた.尾側のsliceで正常の副腎が確認された.病変の局在を含め,adrenal rest tumorを疑う所見であった.鑑別としては,肝細胞癌や脂肪を含む肝腫瘍として,脂肪腫,脂肪肉腫,血管筋脂肪腫,骨髄脂肪腫などが挙げられた.
【造影CT所見】
S1/7肝辺縁被膜下に,早期相で内部に不均一な濃染を認める30mmの多血性腫瘍を認めた.MRI所見と同様にadrenal rest tumorが考えられるが,悪性腫瘍を含め脂肪を含む肝腫瘍が鑑別に挙げられる所見であった.
【造影超音波検査所見】
血管相で辺縁は動脈と同時に染影し,腫瘤内部の一部が染影した.後血管相でdefectとなった.造影パターンからは肝細胞癌,転移性肝腫瘍が考えられた.
【造影MRI所見】
肝S1/7被膜下に,内部に塊状の脂肪織を含む多血性腫瘍を認めた.前回MRCP所見と同様にadrenal rest tumorをはじめ,脂肪を含む肝腫瘍が考えられる所見であった.
【病理組織所見】
腫瘍生検を施行し,副腎皮質様組織が採取されadrenal rest tumorとして矛盾しない所見であった.
【経過】
adrenal rest tumorは,各種画像診断,病理組織所見,臨床経過により経過観察となった.
【考察】
異所性の副腎組織は,腹腔内のみならず,肺,脳,脊髄でも認められることがある.Adrenal rest tumor of the liverは異所性の副腎皮質組織が肝実質内に存在する病態である.極めて稀な肝腫瘍であり,画像所見のまとまった報告はされていない.今回我々は肝血管腫として経過観察されていた肝腫瘍が肝Adrenal rest tumorであった1例を経験したので若干の文献的考察を加えて報告する.