Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
循環器 循環器⑤

(S790)

胸部外傷後心室中隔穿孔を長期間経過観察しえた一例

A case of traumatic ventricular septal perforation: Long-term follow-up by echocardiography

中塚 賢一1, 穂積 健之2, 井上 良子1, 湯峯 奈都子2, 瀧口 良重1, 大石 博晃1, 竹本 和司2, 本田 賢太郎3, 岡村 吉隆3, 赤阪 隆史2

Kenichi NAKATSUKA1, Takeshi HOZUMI2, Ryoko INOUE1, Naoko YUMINE2, Yoshie TAKIGUTI1, Hiroaki OOISHI1, Kazushi TAKEMOTO2, Kentarou HONDA3, Yoshitaka OKAMURA3, Takashi AKASAKA2

1和歌山県立医科大学付属病院中央検査部, 2和歌山県立医科大学循環器内科教室, 3和歌山県立医科大学心臓血管外科

1Central Clinical Laboratory, WAKAYAMA MEDICAL UNIVERSITY, 2Cardiovascular Medicine, WAKAYAMA MEDICAL UNIVERSITY, 3Cardiovascular Surgery, WAKAYAMA MEDICAL UNIVERSITY

キーワード :

鈍的心外傷による非貫通性心室中隔穿孔(ventricular septal perforation: VSP)は稀とされている.今回我々は,胸部をパイプで強打した後に外傷性VSPが生じ,長期間経過観察した症例を経験したので報告する.
症例は60歳代男性.39年前工場内作業中にパイプに体を挟まれショック状態になり,病院に緊急搬送された.肋骨骨折,ショック肺,左血胸のため,左胸腔ドレナージが施行された.前胸部に全収縮期雑音が聴取され,精査のため心臓カテーテル検査が行われた.同検査にて左室−右室短絡が認められ,外傷性心室中隔穿孔と診断された.左室−右室短絡率は30%と少なく,経過観察となった.10年後の心エコー図では,左室拡大はなく,肺高血圧も認められなかったが,心尖部寄りの心室中隔に欠損部位が確認されている.さらに10年後の心臓カテーテル検査では,左室−右室短絡率は32%,肺体血流比1.3であった.その後心エコー図で定期的にフォローされ,肺体血流比1.4〜1.5程度で推移している.最近の心エコー図でも,心尖部付近の心室中隔に欠損部位,同部位を通過する左室−右室短絡血流シグナルが認められているが,肺体血流比1.4で,左室拡大や壁運動異常はなく,肺高血圧も認められず,症状もないため経過観察となっている.
今回の症例は,約40年前に工場作業中にパイプで強打後に聴取された心雑音を契機に心臓カテーテル検査が行われ,外傷性心室中隔穿孔と診断された.本例では,左室−右室短絡率も少なく心不全症状も認めなかった.その後心エコー図で非侵襲的に長期フォローされ,症状の出現や,計測値の著変もなく経過したまれな胸部外傷後心室中隔穿孔の症例と考えられる.