Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
循環器 循環器⑤

(S789)

複数の欠損孔を有する心房中隔欠損症を合併した心房中隔瘤の一例

Diagnosis and Analysys of Atrial Septal Aneurysm with Multiple Atrial Septal Defect by three-Dimensional Echocardiography :A Case Report

泉 佑樹, 萩原 かな子, 吉永 綾, 時田 祐吉, 吉川 雅智, 本間 博, 清水 渉

Yuki IZUMI, Kanako HAGIWARA, Aya YOSHINAGA, Yukichi TOKITA, Masatomo YOSHIKAWA, Hiroshi HONMA, Wataru SHIMIZU

日本医科大学付属病院循環器内科

Department of Cardiovascular Medicine, Nippon Medical School

キーワード :

症例は70歳台女性.労作時息切れのため当院循環器内科へ精査加療目的に紹介となった.経胸壁心エコー図で複数の欠損孔を有する心房中隔欠損症(ASD)を合併した心房中隔瘤(ASA)を指摘された.Qp/Qs = 1.3でありASDに治療適応は認めなかったが,抗凝固療法の検討のため経食道心エコー図を施行した.心房中隔の卵円窩周辺が右房側に突出しており,ASAを認めた.心房中隔の振動ははっきりしなかった.ASAについて3次元経食道心エコー図から得られた3次元データを元に解析を行った.ASAの突出部の高さは中隔からは最大15mmであり,突出部の底辺の底面の面積は4.7cm2(26x23mm)であった.またASDについてカラー3Dデータでの検討を行った.欠損孔はASAの突出部の頂点とその裾野に4から5個と存在していると考えられ,欠損孔の大きさは最大のもので直径0.2cm,0.05cm2程度であった.欠損孔から左右シャントを認め,ASAの内部に血栓,もやもやエコーは認めなかった.そのほか,軽度三尖弁逆流症を認めたが,問題となる合併心疾患は認めなかった.以上から経過観察とし,1年後経胸壁心エコー図でフォローする方針となった.
ASAはASDを高率に合併するとされ,本症例のように瘤上の多孔性のfenestrationを生じる場合があり,瘤が二次的に穿孔したものとされる.ただし今後瘤および欠損孔が拡大するかどうかは不明である.またASAは原因不明の脳梗塞との関係も指摘されており,若干の文献的考察を加え,ここに報告する.