Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
循環器 循環器④

(S785)

三心房心を合併した重症大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁形成術の1例

Ballon aortic valvuloplasty in patient with severe aortic stenosis and Cor triatriatum

福岡 陽子, 尾原 義和, 古川 敦子, 西本 美香, 山本 克人

Yoko FUKUOKA, Yoshikazu OHARA, Atsuko FURUKAWA, Mika NISHIMOTO, Katsuhito YAMAMOTO

高知医療センター循環器内科

Department of Cardiology, Kochi Health Sciences Center

キーワード :

症例は86歳,女性.2006年に急性心筋梗塞で当院に入院した際の心エコーで左房性三心房心を指摘されている.異常隔壁には交通孔が存在し,二腔間の圧較差は認めなかったため経過観察となっていた.2015年4月に呼吸困難を主訴に救急搬送され,重症大動脈弁狭窄症によるうっ血性心不全と診断された.薬物治療を行うも,NYHAⅡ-Ⅲ程度の状態であり,以降も入退院を繰り返した.症候性重症大動脈弁狭窄症であり,大動脈弁置換術の適応と判断された.しかし高齢でfrailtyも高いため,当院ハートチームで経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)が検討された.TAVIまでのbridge治療として今回,経皮的大動脈弁形成術(BAV)を行う方針となった.陳旧性心筋梗塞で心尖部瘤があり,retrograde approachでは心尖部心筋障害が危惧されたために,antegrade approachを選択した.右大腿静脈アプローチで心房中隔穿刺を開始.左房性三心房心であり,accessory chamberへの穿刺ではInoue ballonが交通孔を通過して,僧帽弁に到達しなければならず,手技が困難になることが予想された.そのため,経食道心エコー及び心腔内エコーにて穿刺針がtrue chamberの中隔にtentingしていることを十分に確認し,穿刺を行った.その後Inoue ballonは容易に僧帽弁から左室を通過し,大動脈弁位に固定.22mmで拡張を行い,良好な結果を得た.三心房心は先天性心疾患の中で0.1%程度を占める比較的まれな疾患であり,無症候性に経過し,成人期に画像診断で初めて指摘される例もある.今回,三心房心を合併する重症大動脈弁狭窄症に対するBAVにエコーが有用であった1例を経験したので報告する.