Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
循環器 循環器①

(S778)

Unroofed coronary sinusを合併した閉塞性肥大型心筋症の一例

A case of hypertrophic obstructive cardiomyopathy combined with unroofed coronary sinus

佐藤 ゆかり1, 小林 淳2, 半沢 ゆみ1, 堀越 裕子1, 羽田 良子1, 及川 雅啓2, 義久 精臣2, 大花 昇1, 竹石 恭知2, 志村 浩己1

Yukari SATO1, Atsushi KOBAYASHI2, Yumi HANZAWA1, Yuko HORIKOSHI1, Ryouko HATA1, Masahiro OIKAWA2, Akiomi YOSHIHISA2, Noboru OHANA1, Yasuchika TAKEISHI2, Hiroki SHIMURA1

1福島県立医科大学附属病院検査部, 2福島県立医科大学附属病院循環器内科・血液内科

1Clinical Laboratory, Fukushima Medical University, 2Department of Cardiology and Hematology, Fukushima Medical University

キーワード :

【はじめに】
心房中隔欠損症(ASD)の静脈洞型の一つであるunroofed coronary sinus(以下unroofed CS)は冠静脈洞(CS)が左房に開口し,左房・右房間の左右短絡を呈する.Unroofed CSは,ASDと同様,加齢とともに短絡量が増大し,右心系拡大を来し,肺高血圧や心不全を発症すると報告されている.今回我々は,収縮期雑音を契機に閉塞性肥大型心筋症と診断され,心エコーにてunroofed CSと診断された症例を経験したので報告する.
【症例】
70代男性.10年ほど前より糖尿病・高血圧にて近医通院中,聴診にて収縮期雑音を認めた.BNP 71.9 pg/mlと軽度上昇あり,当院紹介となる.自覚症状はなし.血圧163/77 mmHg,HR 84/min,LevineⅢ/Ⅵの収縮期雑音を認め,胸部XpにてCTR 51.5%,ECGでは胸部誘導にて高電位を認めた.体表面心エコー図では,全周性に心肥大あり,左室の壁運動は全周性に過収縮であった.左室流出路でpeak velocity 3.2 m/sと流速は上昇し,僧帽弁収縮期前方運動(SAM)を認め,僧帽弁逆流は中等度であった.右心系は軽度拡大し,推定収縮期右室圧は50 mmHgと上昇していた.CSは拡大し,二腔像にて左房に流入する血流を認めunroofed CSを疑った.左室流出路の流速が早くQp/Qsの計測は困難であった.経食道心エコー検査ではSAMが認められ,軽度の僧帽弁逆流あり.CSは拡大し,途中左房への開口を認めた.心房中隔にはASD,卵円孔開存の所見なく,コントラストエコーでもshunt flowを認めなかった.CT検査では,冠動脈に狭窄病変を認めなかった.CSが左房に開口しており,その周囲よりCSの拡張が認められた.CSは最終的に右房へ開口しており,造影剤でL-R shuntを確認出来た.心房中隔には欠損は認められなかった.肥大型心筋症に対し薬物治療となり,流出路の圧格差は改善した.Unroofed CSについては経過観察となった.
【結語】
心房中隔欠損症の静脈洞型であるunroofed CSは,加齢とともに右心不全を呈することがあり,右心系の拡大とともにCSの拡大を認めた場合は,本症を念頭において鑑別診断を行う必要があると考える.