Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般ポスター
工学基礎 基礎(イメージング2)

(S768)

外乱がtwinkling artifactに与える影響

Influence of external disturbance on twinkling artifact

田邉 将之1, 内藤 優1, 橋本 浩2, 地挽 隆夫2, 島崎 正2, 宮内 優3, 井上 浩介3, 早瀬 敏幸3, 西本 昌彦1

Masayuki TANABE1, Yu NAITO1, Hiroshi HASHIMOTO2, Takao JIBIKI2, Tadashi SHIMAZAKI2, Suguru MIYAUCHI3, Kosuke INOUE3, Toshiyuki HAYASE3, Masahiko NISHIMOTO1

1熊本大学大学院自然科学研究科, 2GEヘルスケア・ジャパン株式会社超音波製品開発部, 3東北大学流体科学研究所

1Graduate School of Science and Technology, Kumamoto University, 2Ultrasound Engineering, GE Healthcare Japan Corporation, 3Institute of Fluid Science, Tohoku University

キーワード :

【研究目的】
我々はこれまで,静止した石灰化をカラードプラモードで眺めた時にモザイク状のカラーが出現するtwinkling artifact現象[1]に関する研究を行ってきた.twinkling artifactの発生量に寄与する要因は報告されてきたが,発生メカニズムそのものは十分には解明されていない.そこで本研究では診断環境の騒音や振動に着目し,複数の条件下でエコーの解析およびtwinkling artifactの有無を調査したので報告する.
【方法】
生体模擬ファントムとして7wt%濃度のPVA-Hファントム内に粒径約0.5 mmのガラスビーズ(株式会社テックジャム)を内包した.超音波診断装置はGE社製LOGIQ S8およびリニアアレイプローブML6-15-Dを用いた.騒音や振動の影響を調査するために,(a)ファントムを防振台の上に設置しプローブを手で保持,(b)ステージに固定したプローブおよびファントムを防振台の上に設置,(c)ステージに固定したプローブとファントムを診断装置と同じ机に設置,(d)条件(b)に加え,ファントムから10cm離れた位置に音響スピーカー(出力25W)を設置し,スピーカーの音響特性は考慮せずに50から400Hzの正弦波を出力した.連続照射して得られたエコーの揺らぎを解析すると同時にcolor flow画像におけるtwinkling artifactの出現の有無を確認した.
【結果・考察】
エコーの揺らぎ量を図に示す.条件(a)では手の振動が要因と思われる非常に大きな振幅が確認できる.一方,条件(b)では他の条件よりも有意に小さい振幅となった.またcolor flow画像において,条件(a),(c),(d)の50から350Hzではtwinkling artifactが出現し,条件(b)および(d)の400Hzでは出現しなかった.これらの結果から,診断環境に存在する騒音やプローブを保持する手の振動がtwinkling artifactの出現に寄与していると考えられる.
【参考文献】
[1]A. Rahmouni, R. Bargoin, A. Herment, J. Radiology, 199,(1996)269.