Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
運動器 運動器②

(S750)

関節リウマチ患者における中足部と後足部のcSMIを用いた残存滑膜炎の評価

Evaluation of subclinical synovitis in mid-foot and hind-foot among patients with rheumatoid arthritis using cSMI

稲垣 舞子1, 布留 守敏3, 4, 辻 侑子1, 中坊 周一郎2, 辻 英輝2, 中島 俊樹2, 橋本 求3, 伊藤 宜3, 4, 藤井 隆夫2, 5, 藤井 康友1

Maiko INAGAKI1, Moritoshi FURU3, 4, Yuko TSUJI1, Shuichiro NAKABO2, Hideaki TSUJI2, Toshiki NAKAJIMA2, Motomu HASHIMOTO3, Hiromu ITO3, 4, Takao FUJII2, 5, Yasutomo FUJII1

1京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻医療検査展開学講座, 2京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学, 3京都大学医学部附属病院リウマチセンター, 4京都大学医学部附属病院整形外科, 5和歌山県立医科大学附属病院リウマチ・膠原病科

1Department of Human Health Science, Graduate School of Medicine Kyoto University, 2Department of Rheumatlogy and Clinical Immunology, Graduate School of Medicine Kyoto University, 3Department of the Control for Rheumatic Diseases, Kyoto University Graduate School of Medecine, 4Department of Orthopedic Surgery, Kyoto University Graduate School of Medicine, 5Department of Rheumatology and Clinical Immunology, Wakayama Medical University

キーワード :

【目的】
関節リウマチ(RA)は,免疫の異常によって関節内にある滑膜に炎症が起こり,関節の破壊と変形を生じる進行性の炎症性疾患である.RAの治療目標は臨床的寛解であり,この目標を達成すれば,関節破壊を防ぐことができるとされている.近年,生物学的製剤の登場により臨床的寛解が実現可能な目標となり,治療成績も向上している.しかし,RAの寛解判定は通常手指や膝などの28関節に簡略化されており,足部は評価対象に入れないことが多い.28関節評価による臨床的寛解を達成した患者の前足部の超音波検査(US)において,MTP関節滑膜炎の残存が見られ,関節破壊の進行につながると報告されている.一方で中足部や後足部のUSによる詳細な検討はこれまでほとんど行われていない.
本研究の目的は,RA患者における中足部と後足部のUSによる残存滑膜炎の頻度と患者背景を明らかにすることである.
【対象】
Kyoto University Rheumatoid Arthritis Management Alliance(KURAMA)コホートに登録したRA患者で,2015年5月〜2015年8月にリウマチ調査を施行した294人中US施行に同意した253人(女性201人,平均年齢63.6歳,平均罹病期間11.9年)を対象とした.
【方法】
検者は医師3名・検査技師2名のいずれかが行い,超音波装置は東芝社製Aplio500を使用した.グレースケール(GS)と血流シグナル(colored Superb Micro-vascular Imagimg=cSMI)をJCRアトラスに従い評価した(グレード0=正常,グレード1=軽度,グレード2=中等度,グレード3=重度).対象関節は,中足部および後足部(足関節,ショパール関節,舟状-楔状骨間関節,リスフラン関節),2〜5MTP関節とし,グレード0をSMI陰性,グレード1〜3をSMI陽性と定義した.
【結果と考察】
エコーを施行した253人においてMTP関節(20.5%)よりも中足部および後足部(27.6%)で残存滑膜炎が多くみられた.中足部および後足部における残存滑膜炎の内訳は,足関節(7.1%),ショパール関節(13%),舟状-楔状骨間関節(9.4%),リスフラン関節(8.6%)であり,特にショパール関節に残存滑膜炎が多くみられた.また,DAS28-ESR寛解患者111人において,MTP関節(18.9%),よりも中足部および後足部(26.1%)に多く,特にショパール関節,舟状-楔状関節に残存滑膜炎が多くみられた.
【結論】
臨床的寛解を達成したRA患者において,MTP関節よりも中足部および後足部に残存滑膜炎が多く,特にショパール関節に多くみられた.これら残存滑膜炎は関節破壊につながると考えられるため,RAの寛解判定を行う際は,足部の残存滑膜炎も評価するべきである.