Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
産婦人科 母体・分娩①

(S720)

胎盤位置異常症例の妊娠初期および中期の子宮動脈血流に関する検討

Association between location of placenta and measurements of uterine artery doppler in the first and second trimester

後藤 未奈子1, 新垣 達也2, 仲村 将光2, 瀧田 寛子2, 大場 智洋2, 松岡 隆2, 長谷川 潤一2, 関沢 明彦2

Minako GOTO1, Tatsuya ARAKAKI2, Masamitsu NAKAMURA2, Hiroko TAKITA2, Tomohiro OBA2, Ryu MATSUOKA2, Junichi HASEGAWA2, Akihiko SEKIZAWA2

1昭和大学横浜市北部病院産婦人科, 2昭和大学産婦人科学講座

1Obstetrics and Gynecology, Showa University Northern Yokohama Hospital, 2Department of Obstetrics and Gynecology, Showa University School of Medicine

キーワード :

【目的】
胎盤が子宮下部に存在する前置胎盤症例では,妊娠高血圧症候群の発症頻度が低いことが報告されている.これより,胎盤位置が低い症例では,妊娠初期および中期の胎盤形成時期に螺旋動脈の発達が障害される程度が,胎盤が常位であるものより軽度であり,妊娠初期および中期の子宮動脈血流の抵抗が低いと考え,そのことを明らかにすることを目的で検討を行った.
【方法】
2012-2015年に当院で健診を受け,分娩した妊婦を対象にcase-control studyを行った.妊娠初期(妊娠11-13週)および妊娠中期(妊娠18-20週)に経腹超音波検査(Voluson E8; GE Health care, Japan)により子宮動脈血流を評価した.検討①:妊娠中期の時点で,胎盤位置が低いと判断されたものをcase,それらの検査週数をマッチさせた3倍数の常位胎盤症例をcontrolとし,妊娠初期および中期の子宮動脈血流を比較した.検討②:分娩直前に,胎盤位置異常(低置または前置胎盤)を指摘されたものをcase,それらの検査週数をマッチさせた15倍数の常位胎盤のcontrolとし,妊娠初期および中期の子宮動脈血流を比較した.子宮動脈血流の評価には,両側子宮動脈のResistance index(RI)およびPulsatility Index(PI)の平均値を用いた.本研究は,当院倫理委員会の承認を得ており,開示すべき利益相反状態はない.
【結果】
検討①:caseは40例,controlは120例であった.caseおよびcontrolの妊娠初期の子宮動脈RI,PI(中央値,範囲)は,0.73(0.43-0.93),0.77(0.43-1.17)(p=0.023)および1.55(0.55-3.23),1.77(0.59-4.12)(p=0.018)であり,妊娠中期の子宮動脈RI,PIは,0.52(0.34-0.83),0.61(0.42-0.90)(p=0.003)および0.83(0.38-2.34),1.06(0.56-2.29)(p=0.006)であった.
検討②:caseは10例,controlは150例であった.caseおよびcontrolの妊娠初期の子宮動脈RI,PI(中央値,範囲)は,0.75(0.68-0.87),0.76(0.43-0.95)(p=0.587)および1.58(1.01-2.55),1.72(0.55-4.12)(p=0.373)であり,妊娠中期の子宮動脈RI,PIは,0.51(0.43-0.76),0.60(0.34-0.90)(p=0.229)および0.75(0.38-1.59),1.04(0.46-2.34)(p=0.348)であった.
【結論】
中期に胎盤位置が低かった症例は,常位胎盤と比べて,妊娠初期および中期の時点で子宮動脈PI,RIが低値であり,螺旋動脈のリモデリングと妊娠中期の胎盤位置との関連が示唆された.一方,分娩時に胎盤位置異常を認めた症例は,常位胎盤と比べて,妊娠初期および中期の時点で子宮動脈PI,RIに差はなかったことより,妊娠中期以降の胎盤のmigrationと螺旋動脈のリモデリングとの関連は,明らかでなかった.