Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
産婦人科 新画像

(S715)

Shear wave elastographyを用いた陣痛曲線の作成

The uterine contraction curve colud be obtainded by use of shear wave elastography

森田 政義, 梁 栄治, 瀬戸 理玄, 比嘉 貴子, 櫻井 理奈, 鎌田 英男, 松本 泰弘, 木戸 浩一郎

Masayoshi MORITA, Eiji RYO, Michiharu SETO, Takako HIGA, Rina SAKURAI, Hideo KAMATA, Yasuhiro MATUMOTO, Koichiro KIDO

帝京大学医学部附属病院産婦人科

Obstetrics and Gynecology, Teikyo University

キーワード :

【目的】
現在産科領域では子宮収縮の評価法として圧トランスデューサを用いた外測法があるが,定量的な評価ができない.Shear wave elastographyは超音波照射により組織を振動させ,発生したshear waveの伝達速度を測定することで組織の硬度を評価する方法であるが,産婦人科領域での応用は少ない(文献1).Shear waveの伝達速度が外測法での陣痛強度と相関したとの報告がある(文献2).今回この方法を用いて子宮筋層内におけるshear wave伝達速度を収縮時および弛緩時に測定し,陣痛曲線の作成を試みた.
【対象と方法】
35歳,1回経妊0回経産婦.妊娠経過は順調.妊娠40週でオキシトシンにより分娩を誘発し,順調に経腟分娩となった.女児,2624g, Apgar score 8/9, UApH 7.356.分娩誘発は持続的に分娩監視装置を装着し,分娩第1期の活動期に子宮筋層内におけるshear wave伝達速度を測定した.測定は1.8秒間に1回,7分間に亘って繰り返した.使用機器はLogiq E9と9L-Dリニアプローブ(GEヘルスケア)で,測定中のMechanical Indexは1.4でSoft Tissue Thermal Indexは0.4であった.この測定値を用いて子宮筋層内におけるshear wave伝達速度の変化をグラフとして作成した.この研究は帝京大学倫理委員会の承認を受け,患者の同意を得て行った.
【結果と考察】
Shear wave伝達速度の変化を図(A)に示す.最低値は1.06 m/s,最高値は5.53 m/sであった.図(B)は同時に計測した分娩監視装置による陣痛曲線で,図(A)の変化に対応する子宮収縮を示した.子宮筋層内におけるshear waveの伝達速度は定量的な値であるため,この方法は新しい定量的な陣痛計となる可能性がある.しかし,shear waveを発生させるためには比較的強度の高い超音波照射が必要であり,特に長時間の使用に関しては安全性に留意する必要がある.
【結論】
Shear wave elastographyを用いて陣痛曲線を作成することが可能であった.
【参考文献】
1)Ryo E.Donald School Journal of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology.2014,8:428-436.
2)Gennisson JL et al.Ultrasonics.2015,56:183-188.