Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
産婦人科 胎児異常

(S711)

胸腔羊水腔シャント術を施行した胎児胸水症例における術前の皮下浮腫と予後との関連

Prognostic significant of skin edema in hydrops fettles with treated by thoracic-amniotic shunting

笹原 淳, 石井 桂介, 川村 裕士, 山本 亮, 太田 志代, 川口 晴菜

Jun SASAHARA, Keisuke ISHII, Hiroshi KAWAMURA, Ryo YAMAMOTO, Shiyo OTA, Haruna KAWAGUCHI

大阪府立母子保健総合医療センター産科

Department of Obstetrics, Osaka Medical Center and Research Institute for Maternal and Child Health National Center for Child Health and Development

キーワード :

【目的】
胎児胸水に対し,胸腔羊水空シャント術(TAS)は有効な治療である.TASを施行された胎児胸水の予後不良因子として,在胎妊娠週数,胎児腹水の有無,合併奇形の有無などが報告されている.一方,胎児胸水例において皮下浮腫を認める症例を経験するが,胎児予後と皮下浮腫の関連は不明である.胸腔羊水腔シャント術(TAS)施行症例において,児の予後別に術前の胎児皮下浮腫を比較した.
【方法】
最近5年間にTASを施行した19例を対象とした.予後不良を胎児死亡と早期新生児死亡とした.児の予後別に術前の児頭大横径(BPD)断面における皮下浮腫厚(SE, mm)と心四腔断面での皮下浮腫厚(TE, mm)をFisherの正確検定を用いて比較した.
【結果】
臍帯因子に関連した胎児死亡の2例を除いた17例で解析した.TAS時期は中央値妊娠30(24-33)週であった.予後不良は4例(胎児死亡2例,早期新生児死亡2例)であった.生存13例と予後不良4例の在胎妊娠週数はそれぞれ,35(30-40)週,30(30-34)週,胎児腹水は8例,4例,染色体異常もしくは症候群はそれぞれ4例,1例であった.予後良好と予後不良におけるSEは2(0-10)mm,9(7-13)mmであり有意に予後不良例で高値であったが(P=0.01),TEは9(2-12)mm,10(6-13)mmで有意差が無かった.
【考察】
TASを施行した胎児胸水例において,予後不良は生存例と比較し,出生週数がより早く,術前の頭部皮下浮腫がより強い傾向にあった.頭部に強い皮下浮腫を認める症例においては,胎内での循環状態の悪化がより高度であり,TASによる予後の改善が期待できない可能性がある
【結論】
予後不良例における術前の頭部皮下浮腫は予後良好例に比べ高度であり,予後因子である可能性がある.