Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
頭頸部

(S698)

頸部遊離空腸の腸間膜リンパ節腫脹に対する超音波診断

Cervical ultrasonographic examination for patients with free jejunum transfer

横山 裕子, 福原 隆宏, 堂西 亮平, 松田 枝里子

Yuko YOKOYAMA, Takahiro HUKUHARA, Ryouhei DOUNISHI, Eriko MATSUDA

鳥取大学医学部感覚運動医学講座耳鼻咽喉・頭頸部外科学分野

Department of Otolaryngology-head and Neck Surgery, Tottori University Faculty of Medicine

キーワード :

【はじめに】
下咽頭癌や頸部食道癌に対して,咽頭喉頭頸部食道摘出術を行った場合,遊離空腸による再建術が行われることが多い.そして,術後の頸部リンパ節転移再発診断のための超音波検査で,頸部に移植された遊離空腸の腸間膜リンパ節が腫脹していることはめずらしくなく,再発転移との鑑別診断が難しいことも多い.この度われわれは,頸部に移植後の遊離空腸のリンパ節腫大に対する超音波診断について検討を行った.
【対象と方法】
2006年から2014年の間に当科において頭頸部癌で咽頭喉頭頸部食道摘出術後に遊離空腸による咽頭食道再建術を施行した62例のうち,術後の超音波検査が検討可能であった41例を対象とした.これらの症例の術後超音波検査結果のうち,長径が5mm以上の遊離空腸腸間膜リンパ節について,長径,厚み,縦横比を測定し,検討した.
【結果と考察】
術後の超音波検査が検討可能であった41例のうち,遊離空腸腸間膜リンパ節腫脹を認めたものが18例あった.18例のうち5例で,長径,厚み,縦横比が大きい等の理由で穿刺細胞診を行ったが,いずれも悪性所見は認めなかった.また,1例で遊離空腸腸間膜リンパ節が増大傾向を示したため,リンパ節生検を行ったところ,転移陽性であった.転移陽性のリンパ節は,周囲から流入する血流の増加を認めた.
頸部リンパ節では転移陽性と診断されるような大きさ,形でも,遊離空腸腸間膜リンパ節では全て転移陰性であった.遊離空腸では再建した血管が唯一の血流となるため,診断のために穿刺細胞診を行う際には,超音波検査で再建血管を確認しながらこれを穿刺しないように注意を払う必要がある.このため,頭頸部リンパ節の転移診断と同様な基準で遊離空腸腸間膜リンパ節の腫脹を診断し,穿刺細胞生検を施行することは控えたほうがよいと思われた.
【結論】
超音波検査において,頸部移植後の遊離空腸腸間膜リンパ節は,長径,厚み,縦横比が大きくても転移ではないことが多く,血流変化や増大傾向などの情報を加えて判断し,安易な穿刺生検は控えるべきと考えられた.