Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
乳腺 乳腺②

(S691)

超音波画像による乳癌腋窩リンパ節転移判定の検討

Preoperative evaluation of axillary lymph node metastasis of breast cancer by ultrasound imaging

別所 由梨1, 北山 美佳2, 3, 柴原 亜希子2, 3, 櫻井 裕子1, 大沼 秀知1, 森本 誠1, 中谷 中1, 小塚 祐司3, 今井 裕3, 小川 朋子2

Yuri BESSHO1, Mika KITAYAMA2, 3, Akiko SHIBAHARA2, 3, Yuko SAKURAI1, Hidetomo OHNUMA1, Makoto MORIMOTO1, Kaname NAKATANI1, Yuji KODUKA3, Hiroshi IMAI3, Tomoko OGAWA2

1三重大学医学部附属病院中央検査部, 2三重大学医学部附属病院乳腺センター, 3三重大学医学部附属病院病理部

1Division of Central Clinical Laboratory, Mie University Hospital, 2Breast Center, Mie University Hospital, 3Pathology Division, Mie University Hospital

キーワード :

【はじめに】
乳癌診療において腋窩リンパ節転移の術前診断は,センチネルリンパ節生検(以下SNB)適応決定に重要な役割を持つ.術前超音波検査でリンパ節転移陰性と判断された症例でセンチネルリンパ節(以下SLN)転移陰性の場合,腋窩リンパ節郭清を省略することができる.しかしながら超音波検査による腋窩リンパ節転移評価の実態は十分に検討されていない.
【目的】
当院における腋窩リンパ節の術前超音波検査の成績について検討を行い,超音波検査の診断精度を明らかにする.
【対象と方法】
2013年6月から2014年12月に乳癌と診断された症例のうち,当院でSNBが行われた441例を対象とした.なお,術前化学療法症例は除外した.これらの術前超音波画像と,超音波ガイド下穿刺吸引細胞診(以下FNA)の結果,およびSNBないし腋窩リンパ節郭清の組織診断と比較検討し,超音波検査による診断精度について評価した.超音波検査による転移診断は1)類円形腫大,2)リンパ節門への脂肪沈着の欠損,3)皮質の全周性または限局性の肥厚のいずれかに該当するものを転移の疑いとした.また,乳癌取扱い規約に従い最大径0.2mm以下のisolated tumor cells(ITC)はリンパ節転移陰性として扱った.
【結果】
超音波検査にて441例中285例がリンパ節転移陰性,156例がリンパ節転移の疑いと判断された.リンパ節転移陰性と判断された285例ではFNAが行われずSNBが施行され,18例(6.3%)に転移が認められた.それら転移陽性の18例において,超音波画像とリンパ節組織標本のマクロ像を比較した.3例はマクロ像でリンパ節門の脂肪沈着が欠損しており,超音波検査で転移を疑うべきであったが,検査時に指摘されていなかった.残り15例では超音波画像とマクロ像が一致しており,リンパ節門への脂肪沈着を認め皮質は薄く正常構造を呈していた.転移巣が2mm以下の微小転移は15例中6例(40.0%)であった.超音波検査でリンパ節転移が疑われた156例では,組織診断で56例に転移が認められ,100例には転移が認められなかった.これら156例の超音波画像を詳細に検討したところ,リンパ節門への脂肪沈着を認め皮質の厚さが2mm以下のリンパ節26例中23例(88.5%)はSLN転移陰性であった.リンパ節門への脂肪沈着が欠損し短径が4mm以上のリンパ節23例は全てSLN転移陽性であった.超音波検査でリンパ節転移が疑われた156例は全例FNAが施行された.うち38例がFNA陽性であり,これらはすべて組織診断で転移が確認された.FNA陰性であった118例中17例が組織診断で転移陽性であり,これらの17例について,リンパ節の組織標本を検討したところ,転移巣が2mm以下の微小転移の症例や,被膜直下に限局する症例であり,FNAでの検出は困難であったと考えられた.なお,今回の検討では超音波検査で指摘されたリンパ節と組織標本のマクロ像が異なっている症例があり,超音波検査での見落としと考えられた.超音波検査でリンパ節転移疑いと判断され組織診断で最終的に転移陰性であった95例の中には,基礎疾患に関節リウマチやアトピー性皮膚炎等の自己免疫性疾患を有する症例や,前医での針生検等の影響による反応性リンパ節腫大と考えられた症例が含まれていた.
【まとめ】
リンパ節門への脂肪沈着が欠損し,短径が4mm以上のリンパ節は転移陽性,皮質の厚さが2mm以下のリンパ節は転移陰性の可能性が高く,超音波検査によるFNAやSNBの適応決定に有用と考えられた.しかしながら転移巣が小さい症例や被膜直下に限局する症例では,超音波検査およびFNAのいずれでも指摘や検出が困難で今後の検討課題と考えられた.