Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
乳腺 乳腺②

(S689)

乳腺用リングエコー装置プロトタイプの開発

Prototype of ring-echo system for breast imaging

東 隆1, 屈 暁磊1, 與儀 剛史1, 東 志保1, 竹内 秀樹1, 三竹 毅1, 関 美佳1, 玉野 聡2, 高木 周1

Takashi AZUMA1, Xiaolei QU1, Takeshi YOGI1, Shiho AZUMA1, Hideki TAKEUCHI1, Tsuyoshi MITAKE1, Mika SEKI1, Satoshi TAMANO2, Shu TAKAGI1

1東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻, 2東北大学工学部工学研究科

1Bioengineering Department, The University of Tokyo, 2School of Engineering, Tohoku University

キーワード :

【目的】
我々は乳癌の検診や精密検査に適用可能な乳腺専用の新しい超音波撮像システムの開発を行っている.乳腺比率の高い被験者が多い40代の若年層ではマンモグラフィ単独の検診よりも,マンモグラフィとエコーを併用した方が,がん発見率が高いことがJ-STARTの結果として報告されている[1].また浸潤癌に関して,エコー単独の方がマンモグラフィよりがん発見率が高いことが報告されている[2].一方,エコー検査は術者依存性があることや,経時変化追跡のための撮像データ間の比較が難しいという課題があった.そこで乳房を取り囲むリング状のアレイトランスデューサを用いた,新しいエコー撮像装置として,リングエコー装置を開発した.
【方法】
リングエコー装置では直径20 cm,素子数2048chのリングアレイから2 MHzの超音波パルスの送受信を行い,開口合成法により断層像撮像を行う.リングアレイの位置を撮像面に垂直な方向に動かすことで3次元撮像を行う.開口合成の結果,画像内の全画素において,全周からのフォーカスが掛かった状態が実現できる.従来のエコーでは,伝搬方向の分解能に比べ方位方向で分解能が低下するが,リングエコーでは等方的に解像度の高い画像を取得できる.今回はまずヒト撮像の前に,摘出した豚心臓に関する撮像を行い,その撮像性能を評価した.
【結論】
図に撮像結果を示す.左から順に素子を128ch,256ch,2048ch
用いた例である.全て同一の試料を撮像した結果であり,口径の一部を使った撮像(128chと256ch)では,従来のエコー撮像法を模擬している.全周を使うと,全ての画素においてビームが集束するので,解像度が大きく向上していること,また解像度や信号対雑音比が画像の場所によって大きく変化することが無いことが確認できた.今後はヒトボランティア撮像を行い,発表にて報告する予定である.
【参考文献】
[1]N. Ohuchi et al., “Sensitivity and specificity of mammography and adjunctive ultrasonography to screen for breast cancer in the Japan Strategic Anti-cancer Randomized Trial(J-START):a randomised controlled trial.”, Lancet published online 04 Nov. 2015.
[2]A. Wendie et al., “Ultrasound as the Primary Screening Test for Breast Cancer: Analysis From ACRIN 6666”, J. Natl. Canser Inst., 108(4), djv367, 2016.