Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝腫瘍:診断①

(S678)

正常肝に発生した肝細胞癌例の検討

Hepatocellular carcinoma on normal liver

石田 秀明1, 本郷 麻依子2, 長沼 裕子3, 鈴木 克典4, 千葉 崇宏5, 藤谷 富美子6, 大山 葉子7, 渡部 多佳子3

Hideaki ISHIDA1, Maiko HONGO2, Hiroko NAGANUMA3, Katsunori SUZUKI4, Takahiro CHIBA5, Tomiko FUJIYA6, Yoko OYAMA7, Takako WATANABE3

1秋田赤十字病院超音波センター, 2市立横手病院外科, 3市立横手病院消化器科, 4山形県立中央病院消化器科, 5栗原市立栗原中央病院放射線科, 6由利組合総合病院臨床検査科, 7秋田厚生医療センター臨床検査科

1Center of Diagnostic Ultrasound, Akita Red Cross Hospital, 2Department of Surgery, Yokote Municipal Hospital, 3Department of Gastroenterology and Hepatology, Yokote Municipal Hospital, 4Department of Gastroenterology and Hepatology, Yamagata Prefectural Central Hospital, 5Department of Radiology, Kurihara Central Hospital, 6Department of Medical Laboratory, Yuri Kumiai General Hospital, 7Department of Medical Laboratory, Akita Kousei Medical Center

キーワード :

【はじめに】
原発性肝細胞癌(以下HCC)の多くはB型,C型肝炎,アルコール性肝硬変といった慢性疾患を母地に発生するとされているが,最近,正常肝に発生するHCCも散見される.今回,組織学的に確認した正常肝に発生したHCCの5症例をまとめたので報告する.
【対象と方法】
画像診断で正常肝に発生したHCCが強く疑われ,手術を施行しHCCと最終診断した5例を対象に,①性別,②年齢,③症状,④HCCの部位,⑤大きさ,⑥血液生化学所見,⑦US画像,造影US画像,⑧組織所見などを検討した.使用装置:東芝社製Aplio500,XG.造影剤:第一三共ソナゾイド®
【結果】
①性別:男性1例(20%)女性4例(80%).②年齢:59-87(平均71.8)歳.③症状:無症状4例(80%),心窩部腫瘤触知1例(20%).④HCCの部位:S7,3例(60%),S5,1例(20%),S2-3,1例(20%).⑤大きさ:2.5-12(平均8)cm.⑥肝機能:正常3例(60%),LDH,AST軽度上昇がそれぞれ1例(それぞれ20%).AFP, PIVKA-IIの腫瘍マーカーは正常4例(80%),上昇1例(20%).全例肝炎ウイルスは陰性であった.⑦B-mode所見はモザイクパターン4例(80%),ほぼ均一な高エコー腫瘤1例(20%).ハローを認めた症例は4例(80%).後方エコー増強4例(80%),不変1例(20%).造影USで早期血管相で濃染を認めた例5例(100%),後血管相でやや低染域4例(80%),欠損像1例(20%).⑧病理組織:高分化主体が4例(80%),中分化1例(20%),であった.
【考察】
正常肝に発生したHCCは比較的稀とされてきたが,最近散見されるようになってきている.背景に危険因子を持たない症例は発見されにくく,注意が必要と考えられる.我々の経験した5例でも,無症状が多く,肝機能の正常例が多く,偶然施行した画像診断で発見された例が多かった.また,男女比でも女性が多いことや,比較的高齢者が多いこと,部位がS7に多いなど,LCに発生するHCCの特徴とやや異なる印象がある.そのため,他の肝腫瘍との鑑別診断に注意が必要と思われる.造影USは血行動態からみた鑑別診断能が高く,HCCの診断に有用であり,我々の5症例でも全例早期血管相で濃染する所見を呈し,造影USはHCCの診断にしぼりこむのに有用と考えられた.正常肝に発生するHCCは,原因を含めた詳細な病態は不明であり,今後さらに症例の蓄積による検討が必要である.
【文献】
1)坂本享宇監修.第16回肝血流動態イメージ研究会シンポジウム記録集 肝細胞癌多段開発癌の診断:慢性肝炎,異型結節,早期肝癌,進行肝癌の個別化診断に向けて.株式会社嵯峨野.2010.
2)Kim SK et al.Clinical characteristics of non-B non-C hepatocellular carcinoma: a single-center retrospective study. Digestion. 2011;84 Suppl l:43-49.
3)金子ら.HBc抗体陽性/HBs抗原・HCV抗体陰性に伴う,背景肝がほぼ正常な肝細胞癌の1剖検例.Frontiers in Gastroenterology. 2011; 19(2):2014-4.