Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 診断:一般②

(S675)

腹腔内異常ガス診断におけるAmplitude Modulation Method(AM法)の有用性

Usefulness of Intraperitoneal abnormal gas with Amplitude Modulation Method ultrasonography

伊集院 裕康1, 青木 めぐみ2, 古賀 哲也1, 厚地 伸彦1, 石田 秀明3, 神山 拓郎4, 河野 竜二5

Hiroyasu IJUIN1, Megumi AOKI2, Tetuya KOGA1, Nobuhiko ATUTI1, Hideaki ISIHIDA3, Takurou KAMIYAMA4, Ryuuji KAWANO5

1天陽会中央病院内科, 2天陽会中央病院検査部, 3秋田赤十字病院内科, 4天陽会中央病院放射線科, 5天陽会中央病院外科

1Internal Medicine, Tenyoukai Chuo Hospital, 2Clinical Laboratory, Tenyoukai Chuo Hospital, 3Internal Medicine, Akita Red Cross Hospital, 4Radiology, Tenyoukai Chuo Hospital, 5Surgery, Tenyoukai Chuo Hospital

キーワード :

【目的】
Amplitude Modulation Method(以下AM法)は基本波成分をamplitude modulation法を用いて表示した方法である.背景のエコー輝度にかかわらず造影剤のみを表示する特徴がある.今回 造影剤を使用せず腹腔内異常ガスに対しAM法を行ったので報告する.
【対象と方法】
十二指腸潰瘍穿孔 一例 胆管気腫 胆嚢気腫 膵管気腫 大腸憩室 大腸憩室炎.通常のエコー画像としてハーモニックBモード画像(以下B-mode) CT検査と比較した.
(使用診断装置)使用装置はGE Healthcare,LOGIQ S8,3.5 MHZコンベックスプローブ(C1-6)を使用し,MI値0.22〜0.28である.
【結果】
AM法は十二指腸潰瘍穿孔 CT B-modeと同様肝 前面のfree airは描出された.CT Bmodeで描出されなかったが肝背面 肝十二指腸間膜に点状高輝度が描出された.胆管気腫 胆嚢気腫 膵管気腫 大腸憩室はCT B-modeと同様であった.大腸憩室炎では憩室部だけではなく周囲の脂肪織の中にも高輝度エコーが描出された.
【考察】
腹腔内の異常ガスを発見することは消化管穿孔の様にその後の治療方針決定のために重要である.実際 free airに慣れている検査医は肝表面のfree air認識が容易であるがfree airに慣れていない検査医は 肺のガス キラデティーの肝表面の大腸ガスとの区別は容易ではない.AM法では,背景組織から2ndハーモニック成分をほぼ完全に消去されごく微量な肝表面 肝十二指腸間膜内ガスを描出でき有用であった.また AM法で大腸憩室炎における脂肪織内の高輝度は微量ガスを示している可能性もあり憩室炎の機序を考える意味でも興味深い所見と思われた.
【結論】
腹腔内異常ガス診断における基本波造影超音波法Amplitude Modulation Method(AM法)の有用性は腹腔内の微量なガスを検出することにあると思われた.