Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝線維化⑤

(S672)

飲酒がC型肝硬変患者の肝血流にあたえる影響

The relationship between drinking and the arterial-portal blood flow balance quantified At-PI in patients with type C liver cirrhosis

和久井 紀貴1, 荻野 悠1, 松井 哲平1, 小林 康次郎1, 松清 靖1, 池原 孝1, 永井 英成1, 渡辺 学1, 丸山 憲一2, 住野 泰清1

Noritaka WAKUI1, Yu OGINO1, Teppei MATSUI1, Kojiro KOBAYASHI1, Yasushi MATSUKIYO1, Takashi IKEHARA1, Hidenari NAGAI1, Manabu WATANABE1, Kenichi MARUYAMA2, Yasukiyo SUMINO1

1東邦大学医療センター大森病院消化器内科, 2東邦大学医療センター大森病院臨床生理機能検査部

1Department of Gastroenterology and Hepatology, Toho University Omori Medical Center, 2Division of Clinical Functional Physiology, Toho University Omori Medical Center

キーワード :

【目的】
肝臓は他の臓器と異なり,門脈と肝動脈という2つの血管から血液が供給されている.C型慢性肝炎は病期進展に伴い,その2つの血流バランスは門脈優位から動脈優位へと変化する.その肝血流バランスの変化を画像診断で定量的に評価が可能であれば,C型慢性肝疾患の病変進展度合いを非侵襲的に把握ができ,臨床的に有用であると考え,以前我々はSonazoid®造影USを用いたArrival time Parametric Imaging(At-PI)がC型慢性肝疾患の病期進展度診断に有用であることを報告した.今回,飲酒がC型慢性肝疾患の肝血流にどのような影響をあたえるかAt-PIを用いて明らかにする.
【対象と方法】
対象は2013年2月から2015年8月までにSonazoid®造影USを施行し得たC型肝硬変31例.内訳は,年齢が48歳〜83歳(平均66.5歳),男性20例,女性11例.肝硬変の診断は,CTやUS等の画像所見で形態的に判断された,あるいは食道静脈瘤などの門脈圧亢進症状のあるものとした.超音波診断装置は東芝社製AplioXGを使い,プローブは3.75MHコンベックス(PVT-375BT)を用いて行った.推奨量の超音波造影剤Sonazoid®を静注し,右肋間走査から肝内門脈右枝を描出する断面で肝実質染影動態を40秒間動画で記録した.記録した動画から,肝実質染影開始〜門脈が描出されるまでを赤色,門脈が描出された後を黄色に色分けするような設定でAt-PIを作成した.得られたAt-PIから肝臓全体の染影に対する赤色面積の割合(ratio of red: ROR)を算出した.その後,まずchild-pugh分類が肝血流に与える影響を確認するため,飲酒なしの症例(飲酒なし群は,機会飲酒症例,またはエタノール換算30g以下のものとした)をchild-pugh A,B,C群3つに分類し,各群間のRORを多重比較した.次にchild-pugh分類別に飲酒なし群と飲酒あり群のRORを比較検討した.本研究は院内倫理委員会の承認と患者の同意を得て行った.
【結果】
全31例のうち,飲酒あり群が9例,飲酒なし群が22例であった.Child-pugh分類はA:4例,B:22例,C:5例であり,それぞれの群で飲酒なし症例はA:3例,B:14例,C:5例であった.飲酒なし群におけるChild-pugh分類別のRORの平均は,A:48.5%,B:55.0%,C:83.8%であり病期が進行するに従いRORは高値になる,すなわち動脈優位となる傾向を示し,またBとCに有意差を認めた(p=0.0043).child-pugh B症例の中で飲酒ありとなし群を比較した結果,有意差を認めなかったが(p=0.43),エタノール換算100g以上の3例との比較では,有意に動脈優位となる結果であった(p=0.037).
【結語】
飲酒はC型肝硬変の肝血流に影響をあたえ,動脈優位化の規定因子の一つになる可能性が示唆された.