Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝線維化④

(S658)

Fontan術後患者における肝線維化診断における腹部エコーの有用性

Usefulness of ultrasonography for the diagnosis of advanced liver fibrosis in the patients after Fontan surgery

詫間 義隆, 岩堂 昭太, 宮武 宏和, 植松 周二, 岡本 良一, 荒木 康之

Yoshitaka TAKUMA, Shota IWADO, Hirokazu MIYATAKE, Syuji UEMATSU, Ryouichi OKAMOTO, Yasuyuki ARAKI

広島市民病院内科

Internal Medicine, Hiroshima City Hospital

キーワード :

【目的】
Fontan術後の慢性うっ血肝は肝硬変や肝癌を発症しうる.肝癌の早期発見には肝線維化進行例の早期診断が必要であるが脳血栓塞栓症リスクが高くワーファリン内服例が多く肝生検施行は困難である.したがってその診断にはUSなど画像診断が極めて有用である.そこで当院のFontan術後患者で画像にて肝硬変(LC)と診断された症例の背景因子を検討した.
【方法】
使用機種:東芝メディカルシステムズAplio 500,当院でUSあるいはCT, MRIを施行したFontan術後患者41例(男23例/女18例,年齢3-41歳)を対象としLC9例(1例は組織学的に診断)と非LC32例を比較した.Shear wave Elastography(SWE)の有用性も検討した.
【成績】
LC群は非LC群に比べBMI(19.7 vs 17.3),クレアチニン値(0.76 vs 0.55 mg/dl),ヒアルロン酸(73.1 vs 46.2 ng/ml), FIB-4(1.19 vs 0.62), NT-proBNP(320 vs 143 pg/ml)が有意に高値であった(all p<0.05).平均術後年数(15.2 vs 10.4年)はLC群が長期であるが有意差認めなかった.Fontan術後患者のUS所見の特徴であるhyperechoic spots(HS)はLC9例中7例(78%),非LC32例中3例(9%)に認めHSはLC症例に比べ有意に高率に認められた(p<0.001).HSの最大径もLCは非LC群に比べ有意に大きかった(8.3 vs 2.5mm, p=0.038).LC群3例,非LC群14例にSWE施行し,LCは非LC群に比べ肝右葉のVs値が有意に高かった(3.18 vs 2.54 m/s, p=0.032.さらにHSの最大径と右葉Vs値に有意な相関を示した(r=0.696, p=0.037).右葉Vs値はヒアルロン酸(r=0.648, p=0.005), APRI(r=0.540, p=0.025), FIB-4(r=0.632, p=0.007)と有意な相関を示した.
【結語】
肝線維化進行例診断には血清線維化マーカーとHSとSWEの組み合わせが有用と考えられた.