Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝腫瘍:治療①

(S647)

ソナゾイド造影腹部超音波で悪性腫瘍を疑わせる所見を認めた肝良性腫瘤の2例

Two cases of liver benign tumor that showed findings suggestive of malignant tumor in sonazoid contrast-enhanced ultrasonography

植木 秀太朗1, 平岡 淳1, 宮田 英樹1, 畔元 信明1, 金藤 美帆1, 前田 智治2, 河崎 秀樹3, 二宮 朋之1, 道堯 浩二郎1

Hidetaro UEKI1, Atsushi HIRAOKA1, Hideki MIYATA1, Nobuaki AZEMOTO1, Miho KANETO1, Tomoharu MAEDA2, Hideki KAWASAKI3, Tomoyuki NINOMIYA1, Kojiro MICHITAKA1

1愛媛県立中央病院消化器内科, 2愛媛県立中央病院病理診断部, 3愛媛県立中央病院消化器外科

1Ehime Prifecture Central Hospital Gastroenterology, 2Ehime Prifecture Central Hospital Pathological Department, 3Ehime Prifecture Central Hospital Surgery

キーワード :

腹部超音波(US)にて悪性を強く疑い肝切除を行ったが,病理検査で良性であった例を経験した.
【症例1】
73歳男性.肝S6に2.4cmの低エコー結節を指摘され紹介受診.肝炎ウィルス,腫瘍マーカー陰性.造影USで腫瘍中心部は造影効果が乏しくring状に濃染,平衡相でdefect.造影CTで中心部は造影されず門脈相でring状に濃染.胆管細胞癌を疑い肝切除.中心に壊死を有したsolitary necrotic noduleと診断.
【症例2】
74歳女性.限局性低脂肪化巣を疑われ紹介受診.USで別のS6に1cmの低エコー結節を指摘.造影USで早期相で濃染,門脈相でwashout,平衡相でdefect.PET-CTでFDG集積あり(SUVmax 4.4),他部位には病的集積はなかった.肝炎ウィルス,腫瘍マーカーは陰性だったが悪性度の高い肝細胞癌を疑い肝切除.免疫染色でBcl-2陰性,CD20,CD3陽性細胞が混在し,κ,λも偏りはなく,pseudolymphomaと診断.
【結語】
造影USで悪性腫瘍を疑う中に稀に良性腫瘍がある事を念頭に置く必要がある.