Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝腫瘍:治療①

(S646)

進行大腸癌におけるソナゾイド®造影超音波検査についての検討

Examination of Sonazoid® contrast ultrasonography in advanced colorectal cancer

福島 豊, 中野 勝行

Yutaka FUKUSHIMA, Katsuyuki NAKANO

東神戸病院放射線科

Department of Radiology, Higashikobe Hospital

キーワード :

【はじめに】
肝腫瘤の精査に有用であるソナゾイド®造影超音波検査(以下CEUS)は,大腸癌などの術前における肝転移検索にも有用である.さらに当院では,転移検索時に原発である消化管癌に対してもBモードとCEUSによる観察を行い,肉眼分類や深達度などの推測を行っている.そこで今回,原発である進行大腸癌を観察して得られたBモードおよびCEUS所見について評価し,まとめたので報告する.
【対象・使用機種】
2012年11月から2015年10月までに進行大腸癌と診断され手術となった160例のうち,術前の肝転移検索目的にてCEUSが行われた30例で,さらに原発巣の観察が良好であった15例を対象とした.
病理診断は全例でType2であり,組織型は中分化型13例・低分化型1例・粘液癌1例,深達度はmp 2例,ss 11例,se 2例,大きさの中央値は4.5cm(2.3〜8.0cm)であった.
使用機種はTOSHIBA Aplio XG
【検査および評価方法】
原発巣においてBモードとソナゾイド®造影剤(0.01〜0.0075ml/kg)による評価を下記の通り行い,病理診断と対比した.消化管への使用は保険適応外であるため,院内の倫理委員会の承認および本人へのインフォームドコンセントを行っている.
Bモード
①腫瘍表面の性状と境界から肉眼分類を推測
②層構造の状態・周囲脂肪織の輝度上昇・漿膜面の不整を深達度および大きさと対比
CEUS
③腫瘍全体に均一な濃染が認められたものを均一とし,組織型・深達度・大きさと対比
④腫瘍に一部でも濃染されない部分が認められたものを不均一とし,組織型・深達度・大きさと対比
大きさは2cm以上4cm未満を1群,4cm以上6cm未満を2群,6cm以上を3群に分類
した.
【結果】
①全例で潰瘍の存在を指摘できたが,1例で腫瘍の境界を不明瞭と評価していたためType3と評価していた.
②層構造は全例で消失していた.脂肪織の輝度上昇および漿膜面の不整が認められた症例は,深達度との対比でともにmpで1/2例中(50%),ssで7/11例中(64%),seで2/2例中(100%)に認められた.大きさとの対比でもともに1群で2/5例中(40%),2群で6/8例中(75%),3群で2/2例中(100%)に認められた.
③均一な濃染と組織型との対比では,中分化型で8/13例(62%),低分化型で1/1例中(100%),粘液癌で0/1例中(0%)で認められた.深達度との対比ではmpで2/2例中(100%),ssで8/11例中(73%),seで0/2例中(0%)で認められた.大きさとの対比では1群で4/5例中(80%),2群で5/8例中(63%),3群で0/2例中(0%)で認められた.
④不均一な濃染と組織型との対比では,中分化型で5/13例中(38%),低分化型で0/1例中(0%),粘液癌で1/1例中(100%)で認められた.深達度との対比ではmpで0/2例中(0%),ssで3/11例中(27%),seで2/2例中(100%)で認められた.大きさとの対比では,1群で1/5例中(20%),2群で3/8例中(37%),3群で2/2例中(100%)であった.
Bモードでは腫瘍表面の性状をほぼ正確に捉えており,大きさや深達度が増すほどに周囲の脂肪織の輝度上昇や漿膜面の不整が増加する傾向にあった.CEUSは深達度が深く,腫瘍径が大きい症例で不均一な濃染となる傾向にあったが,組織型については特記するような傾向は認められなかった.
【考察】
Bモードでの観察で肉眼分類や深達度の推測が可能であり,CEUSで得られた傾向はBモードのみでも十分に評価できた.今回は検討していないが経験した症例の中で,CEUSの遅い時相に腫瘍の境界が明瞭となり,範囲や大きさが観察しやすくなる印象をもった.今後は腫瘍の濃染像も含め評価方法を検討し,大腸癌におけるCEUSの有用性について模索していきたいと考える.
【まとめ】
進行大腸癌におけるCEUSについてまとめた.