Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 エラストグラフィ・他

(S643)

肝硬度測定におけるShear wave elastgraphyの深度による影響(ファントムでの検討)

Effect by the depth of Shear wave elastgraphy in the liver stiffness measurement using phantom

小原 由佳1, 西村 貴士1, 2, 西村 純子1, 吉田 昌弘1, 東浦 晶子1, 柴田 陽子1, 橋本 眞里子1, 中野 智景1, 2, 青木 智子3, 飯島 尋子1, 2

Yuka OHARA1, Takashi NISHIMURA1, 2, Junko NISHIMURA1, Masahiro YOSHIDA1, Akiko HIGASHIURA1, Yoko SHIBATA1, Mariko HASHIMOTO1, Chikage NAKANO1, 2, Tomoko AOKI3, Hiroko IIJIMA1, 2

1兵庫医科大学超音波センター, 2兵庫医科大学肝・胆・膵内科, 3公立八鹿病院内科

1Department of Ultrasound Imaging Center, Hyogo College of Medicine, Hyogo, Japan, 2Department of Internal Medicine, Division of Hepatobiliary and Pancreatic Disease, Hyogo College of Medicine, Hyogo, Japan, 3Department of Physiology, Yoka Hospital, Hyogo, Japan

キーワード :

【目的】
エラストグラフィは,肝生検に替わる非侵襲的肝線維化診断方法として有用視されている.Shear wave imagingの開発により,Bモードを見ながら任意の部位の肝硬度測定が可能となった.今回,Shear wave imagingの測定深度やROI(region of interest)の角度が測定値におよぼす影響を検討した.
【方法】
今回の検討で用いた機種はVTQ(Virtual Touch Quantification)(ACUSON S2000,S3000),SwSm(Shear wave with Smart maps)(Aplio500),SWE(Shear Wave Elastography)(Aixplorer:Ap),ElastPQ(Elast Point Quantification)(EPIQ7),SWE(Logic E9:L9)の5機種である.①ファントム(25kPa)の中心に垂直にプローブを固定し,表面から1,3,5,7cmの位置にROIを置き,Vs値(Velocity of shear wave;せん断波弾性波の速度)を10回ずつ計測した.②ROIの深度を3cmに固定し,ROIの角度を測定画面上で垂直方向を0°とし,-30°,-20°,-10°,0°,10°,20°,30°に動かし,それぞれ10回ずつ測定した.(SwSm,SWE(Ap, L9)は±20°まで測定可)
【結果・考察】
①Vs値(speed)(m/s)を表1に示す.ファントムでの検討ではすべての機種で,測定深度が深くなるほど測定値は低下する傾向にあった.測定深度7cmでは,ばらつきが大きくなるか測定不良となった.これはROIが深くなると,減衰の影響を受けてpush pulseが弱くなることや,Shear Waveを認識する検出pulseも減衰し,感度が落ちることが考えられた.またSWE(Ap)において,測定深度1cmではVs値は高値となりカラーマッピングでも硬く表示され,多重反射などによるアーチファクトの影響が考えられた.②Vs値を表2に示す.SWE(Ap),SwSmは角度ごとの測定値にほとんど有意差は認められなかった.VTQ,ElastPQ,SWE(L9)は垂直方向のVs値と比較して,角度ごとに有意に値は変動した.またSWE(L9)は角度が大きくなると値が小さくなるとともにばらつきが大きくなった.
【結語】
深度が深くなる程Vs値は低下し,浅部はアーチファトの影響により高値となった.また垂直方向で測定を行うことで安定した測定値が得られると考えられる.