Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝:症例②

(S640)

肝転移を伴った肺小細胞癌2症例の検討

The report of two cases of small cell lung cancer with liver metastases

岡村 修祐1, 黒松 亮子1, 中野 聖士1, 佐谷 学1, 長田 修一郎2, 森田 恭代2, 水時 奈美3, 冨安 修3, 中島 収4, 鳥村 拓司1

Shusuke OKAMURA1, Ryoko KUROMATSU1, Masahito NAKANO1, Manabu SATANI1, Shuichirou NAGATA2, Yasuyo MORITA2, Nami MIZUTOKI3, Osamu TOMIYASU3, Osamu NAKASHIMA4, Takuji TORIMURA1

1久留米大学病院内科学講座消化器内科部門, 2医療法人清和会長田病院消化器内科, 3医療法人清和会長田病院検査科, 4久留米大学病院臨床検査部

1Division of Gastroenterology, Department of Medicine, Kurume University Hospital, 2Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagata Hospital, 3Department of Laboratory Medicine, Nagata Hospital, 4Department of Clinical Laboratory Medicine, Kurume University Hospital

キーワード :

【目的】
肺小細胞癌肝転移症例における,肝転移巣の画像的特徴を検索する.
【対象】
肝転移を伴った肺小細胞癌2症例
【方法】
下記2症例の造影MRI及び造影超音波等の画像所見より,画像的特徴を検索する.
[症例1]84歳男性,アルコール性慢性肝炎を基礎疾患とし,定期検査としての腹部エコー検査で肝S5に28×19mm大の低エコー結節を指摘された.造影MRIでは,同結節は動脈相でリング状造影効果を認め,周囲に淡く造影される領域を伴っていた.肝細胞相では均一な低信号として描出され,上記の淡く造影された領域も淡い低信号域として描出された.造影CT及びPET-CTの結果,左肺尖部に27×20mm大の辺縁不整な充実性腫瘍を認め,縦隔リンパ節腫大を伴っており,原発性肺癌の肝転移が疑われた.肝腫瘍は造影エコー検査において,内部に一部壊死が疑われたが,全体がほぼ均一な造影効果を認め,Kupffer相では欠損像として描出された.腫瘍生検の結果,小細胞癌と診断された.
[症例2]79歳男性,B型慢性肝炎を基礎疾患とし,外来経過観察中に右肺下葉に辺縁に毛羽立ち像を伴う24×17mm大の肺腫瘍及び肝S4に13×8mm大の低エコー結節を指摘された.呼吸器内科による精査の結果,肺腫瘍は小細胞癌と診断された.肝腫瘍は,造影MRIでは動脈相で造影効果を認め,平衡相では遷延性にリング状造影効果を認め,肝細胞相では低信号として描出された.なお,腫瘍本体周囲に遷延性の造影効果を認め,同領域は肝細胞相で淡い低信号域として描出された.造影エコー検査では,腫瘍内部の一部に造影効果を認め,また腫瘍周囲にも造影効果がみられた.Kupffer相では腫瘍部位のみが欠損像として描出された.
【結論】
2症例ともに,腫瘍本体周囲に炎症細胞浸潤やPeliotic changeなどの二次性変化を疑う領域を伴っていた.症例数は少ないが肺小細胞癌からの転移性肝腫瘍の特徴的所見の可能性があり,今後も引き続き評価を行っていく必要がある.