Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
消化器 肝線維化①

(S611)

C型肝炎での非侵襲的肝硬度診断法としてのVTQの有用性とDCV/ASV療法中の変動について

Virtual Touch Quantification during IFN-free DCV/ASV therapy in patients with chronic hepatitis C

谷 瑞季1, 澤井 良之1, 関 康2, 比嘉 裕次2, 小来田 幸世1, 井倉 技1, 福田 和人1, 岩橋 立樹3, 桃井 里紗3, 今井 康陽1

Mizuki TANI1, Yoshiyuki SAWAI1, Yasushi SEKI2, Yuji HIGA2, Sachiyo KOGITA1, Takumi IGURA1, Kazuto FUKUDA1, Tatuki IWAHASHI3, Risa MOMOI3, Yasuharu IMAI1

1市立池田病院消化器内科, 2市立池田病院放射線科, 3仁泉会MIクリニック放射線科

1Gastroenterology, Ikeda City Hospital, 2Radiology, Ikeda City Hospital, 3Radiology, MI Clinic

キーワード :

【目的】
慢性肝疾患における非侵襲的肝硬度診断法としてのVTQについて従来の線維化マーカー及びMR elastography(MRE)と比較するとともに,C型肝炎に対するDaclatasvir(DCV)/Asunaprevir(ASV)2剤併用療法中のVTQの変動について検討した.
【方法】
VTQ,MREを行った患者の内,6か月以内に肝生検あるいは肝切除にて組織学的に診断しえたC型肝炎81例(男性34例/女性47例,年齢71.4±8.9歳)を対象とした.F scoreの内訳はF0/1/2/3/4の順に4/14/23/11/29例であった.VTQは右肋間で10回測定し中央値を肝硬度とした.MREにはSignaHDxt 1.5T(Ver.23, GE Healthcare),MR Touch®(GE Healthcare)を用いた.撮像はGradient Echo法を用い,1sliceで門脈右分枝が描出されている断面をスキャンし,ROIを置き3回測定しその平均値を肝硬度とした.ROIはドーム直下や肝右葉は避け,部分容積効果を減じるために肝表面より1cm内側の出来るだけ広い範囲に置いた.VTQとMRE,各種線維化マーカーの線維化診断能の比較,およびDCV/ASV経口2剤を6ヶ月投与し治療前,治療開始12Wおよび治療開始24W併用療法中(39症例)のVTQの変動について検討した.
【結果】
VTQはF0/1/2/3/4で1.25±0.21/1.28±0.20/1.60±0.66/1.83±0.57/2.53±0.58m/sであり,F因子の増加に伴い上昇する相関がみられた(p<0.0001).MRE弾性率はF0/1/2/3/4で2.63±0.16/2.80±0.50/3.82±1.53/4.79±0.70/6.59±1.42kPaであり,F因子の増加に伴い上昇する相関がみられた(p<0.0001).AUROCはVTQではF>2/F>3/F>4で0.903/0.867/0.867であった.MREではF>2/F>3/F>4で0.961/0.923/0.949,Fib4 indexでF>2/F>3/F>4で0.882/0.838/0.757,4型collagen7sではF>2/F>3/F>4で0.934/0.856/0.840であった.VTQとMREとの間にはr=0.651(p<0.0001)と強い正の相関を認めた.DCV/ASV2剤併用療法39症例中38例は投与24週までHCV-RNAの陰性化が持続し,1例のみbreakthroughのため20週で中止し開始24週でHCV-RNAは陽性であった.DCV/ASV2剤併用療法中のVTQは,前,開始12週,開始24週で,1.99+0.63m/s,1.84+0.62m/s,1.77+0.52m/s(P<0.01)と有意に低下した.
【結語】
C型肝炎の非侵襲的肝硬度診断法としてVTQはFib4,4型collagen7sと比し同等以上の高い診断能を有し,MREより診断能は低かったが,その簡便性より極めて有用と考えられた.VTQはDCV/ASV2剤併用療法中の早期から低下し,炎症の改善の影響が考えられた.