Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 治療評価

(S602)

経皮的中隔心筋焼灼術の左房容積と左室拡張機能に及ぼす影響

The effect for left atrial volume and left ventricular diastolic function by performed PTSMA in patients with drug-refractory HOCM

田村 晴俊1, 馬原 啓太郎1, 大久保 健志1, 安部 開人1, 福本 梨沙1, 繼 敏光1, 寺田 舞1, 齋藤 美香2, 高見澤 格1, 高山 守正1

Harutoshi TAMURA1, Keitaro MAHARA1, Takeshi OKUBO1, Kaito ABE1, Risa FUKUMOTO1, Toshimitsu TSUGU1, Mai TERADA1, Mika SAITO2, Itaru TAKAMISAWA1, Morimasa TAKAYAMA1

1公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院循環器内科, 2公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院小児循環器科

1Department of Cardiology, Sakakibara Heart Institute, 2Department of Pediatric Cardiology, Sakakibara Heart Institute

キーワード :

【背景】
閉塞性肥大型心筋症の症例では,左室拡張障害,左室流出路閉塞により左房負荷をきたすことが知られている.薬剤抵抗性閉塞性肥大型心筋症に対しての治療選択として経皮的中隔心筋焼灼術(PTSMA)があり,左室流出路圧較差の改善,自覚症状の改善に有用であることが知られている.しかしながら,PTSMA後の左房負荷改善に伴う左房容積や左室拡張障害の変化ついてはいまだ不明な点が多い.
【目的】
今回,我々はPTSMA前と1年後のエコーデータを比較しPTSMAの左房リモデリングと左室拡張機能に及ぼす影響について検討を行った.
【方法・結果】
当院でPTSMAを施行したNYHA 2度以上の薬剤抵抗性閉塞性肥大型心筋症連続74例に対し,術前・術後1年後に経胸壁心エコーを施行し,左房容積係数(LAVI),左室重量係数(LVMI),左室拡張機能指標,推定右室収縮期圧(eRVSP)を計測した.慢性心房細動症例は除外した.PTSMA1年後の症状がNYHA 1度である群をresponder群,NYHA2度以上である群をnon-responder群と定義した.Responder群は56例(76%)だった.Responder群(n=56)においてPTSMA1年後は術前と比較して,有意にLAVI・LVMI・左室流出路圧較差(LVOT-PG)の低下(LAVI, 66.0→52.5 ml/m2,p<0.01; LVMI, 175→156 g/m2,p<0.05; LVOT-PG; 103→38mmHg, p<0,05)を認めたが,E/e’,eRVSPにおいては差を認めなかった.Non-responder群(n=18)では,LAVI・LVMIの縮小を認めずLVOT-PGの改善は軽度にとどまった(LAVI, 64→64 ml/m2,n.s.; LVMI, 170→161 g/m2,n.s.; LVOT-PG, 109→71mmHg, p<0.05).E/e’,eRVSPにおいては差を認めなかった.PTSMA前のLAVI・LVMI・E/e’は,Responder群とNon-responder群間で有意差を認めなかった.PTSMA1年後のLVMI・E/e’もResponder群とNon-responder群間で有意差を認めなかったが,PTSMA1年後のLAVIは,Non-responder群間で有意に高値であった(53 vs. 64 ml/m2).
【結語】
PTSMAに反応良好な症例では良好な左房リモデリングを認めたが,左室拡張機能指標については改善を認めなかった.左房リモデリングの程度は,PTSMAの効果を反映する鋭敏な指標となりうる.