Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心機能評価②

(S601)

2次元心エコー法と心電図同期造影CTとの左房容積測定値差と心機能指標の関係

The rerationship between the difference of LA volume between 2D echocardiography and ECG gated CT, and the measurement of cardiacfunction

堀 貴好2, 中村 学2, 安田 英明2, 橋ノ口 由美子2, 澤 幸子2, 井上 真喜2, 北洞 久美子2, 遠藤 斗紀雄2, 森田 康弘1, 坪井 英之1

Takayoshi HORI2, Manabu NAKAMURA2, Hideaki YASUDA2, Yumiko HASHINOKUCHI2, Sachiko SAWA2, Maki FUJIHARA2, Kumiko KITAHORA2, Tokio ENDOU2, Yasuhiro MORITA1, Hideyuki TSUBOI1

1大垣市民病院循環器内科, 2大垣市民病院医療技術部診療検査科

1Department of Cardiology, Ogaki Municipal Hospital, 2Department of Clinical Research, Ogaki Municipal Hospital

キーワード :

【背景】
近年左房容積は,心不全の指標として注目されている.当院でもカテーテルアブレーション術前後の心機能評価に,2次元心エコー法(以下,UCG)による左房容積測定を行っている.UCGによる左房容積測定値は心電図同期造影CT(以下,心臓CT)のそれと比較し過小評価になり,また真の,左房容積のサイズとUCGと心臓CTの左房容積測定値の差(以下,左房測定値差)とは正の相関があると報告されている.しかし,心臓CTの左房容積測定値が同程度の例でも,測定値差にばらつきが見られた.
【目的】
今回,左房測定値差とUCGで得られる心機能指標との関係を検討した.
【対象】
平成26年4月1日から12月31日までに当院でカテーテルアブレーション術前にUCGと心臓CTを同日に施行した連続92例で,平均年齢65.1歳(中央値:67歳),男女比65:27,内訳は発作性心房細動58例,持続性心房細動32例,その他2例であった.
【使用装置】
超音波診断装置:Prosoundα7・Prosoundα5(日立アロカメディカル社製),Xario(東芝メディカルシステムズ社製)
CT装置:SOMATOM Definition AS+(SIEMENS社 製)
CT Workstatation:SYNAPS VINCENT(FUJIFILM Medical社製)
【方法】
・左房容積計測方法
UCG:2断面(心尖部四腔像,二腔像)よりModifid Simpson’s Methodにて算出した.心周期位相は,いずれも収縮末期とした.
心臓CT:収縮末期で画像再構成したVolume dataを用いて,Workstationで左房をROI(Region of interest)で囲み抽出した(左心耳,両肺静脈は含まない).『体積測定』のアプリケーションを用い,先に抽出した左房の容積を算出した.
・心エコー法で得られる心機能指標との相関
当院の日常検査で測定している心機能指標と,左房測定値差(ml)およびその率(以下,左房測定値差率(%))の相関を得た.
検討(Spearmanのρ検定)に用いた心機能指標:大動脈径(AOD),左房径(LAD),心室中隔壁厚(IVST),左室後壁(PWT),左室拡張末期径(LVDd),左室収縮末期径(LVDs),左室駆出率(EF)[以上,傍胸骨左室長軸像から取得],心房収縮期波(A波),拡張早期波(E波),E/A,減速時間(DcT)[以上,左室流入波形から取得]および左室拡張能指標であるe’,E/e’(各々septal側,lateral側).
【結果】
左房測定値差はLAD(p<0.01,y=1.35x-9.08,R2=0.12),LVDd(p=0.017,y=1.35x-22.6,R2=0.130),LVDs(p=0.049,y=1.29x-22.6,R2=0.109)で,左房測定値差率はE/e’(septal)(p=0.043,y=-0.72x + 42.9,R2=0.041),E/e’(lateral)(p=0.017,y=-1.15x + 44.7,R2=0.073)と有意な相関を示した.
【結語】
本検討で左房測定値差率はE/e’と有意な相関を示し,左室拡張能がUCGの左房容積測定値が心臓CTのそれに比し過少になる程度の要因になり得る可能性が示唆された.