Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心機能評価②

(S600)

TDIとGMPIを用いた左室収縮能正常例における拡張能評価‐血中BNP濃度との関係‐

The estimation of relationship in cardiac diastolic function using BNP between TDI and gated SPECT in HFpEF patients

中村 学1, 丹羽 文彦1, 橋ノ口 由美子1, 澤 幸子1, 井上 真喜1, 堀 貴好1, 北洞 久美子1, 坪井 英之2, 森島 逸郎2, 森田 康弘2

Manabu NAKAMURA1, Fumihiko NIWA1, Yumiko HASHINOKUCHI1, Sachiko SAWA1, Maki INOUE1, Takayoshi HORI1, Kumiko KITAHORA1, Hideyuki TSUBOI2, Itsurou MORISHIMA2, Yasuhiro MORITA2

1大垣市民病院医療技術部診療検査科, 2大垣市民病院循環器内科

1Department of Clinical Research,, Ogaki Municipal Hospital, 2Department of Cardiology, Ogaki Municipal Hospital

キーワード :

【目的】
近年,心不全患者の約半数が左室収縮能指標である駆出率(LVEF)が保たれた心不全(HFpEF),拡張不全であることが明らかになった.その診断に,組織ドプラ心エコー法(TDI)による拡張早期僧帽弁輪運動速度(e’)が左室弛緩能の指標,左室流入血流拡張早期波高(E)のe’に対する比(E/e’)が左室充満圧の指標として普及している.しかしながら,肥大型心筋症や重症低心機能例における精度の問題点が報告されている.また,組織ドプラ法の角度依存性がe’を過小評価することなどの不正確になる要因が存在する.
一方,BNPはHFpEFでは駆出率が低下した心不全(HFrEF)に比べて上昇しにくいとされており,偽陰性も20%程度に生じるのが問題とされている.
今回左室収縮能正常例において,TDIを用いた左室拡張能指標および心電図同期心筋SPECT(GMPI)の左室時間容積曲線より算出される拡張能指標と血中BNP濃度との関係を検討した.
【対象および方法】
虚血性心疾患疑いにてTDIと安静時GMPIおよび血中BNP濃度測定を同時期に施行し左室収縮能が保たれた(LVEF≧50%)例で,GMPIでR-R間隔の不整および心エコーで左室中隔または側壁の壁運動低下を認めた例や画像不良例を除外した連続46例(男性22例,女性24例,平均年齢71±9歳)を対象とした.GMPIによるLVEFは平均68.5±8.8%であった.TDIは日立アロカ社製ARIETTA60,prosaoundα7および東芝社製Xarioを用いて,四腔断層像にて左室流入血流拡張早期波高(E)と僧帽弁輪の心室中隔(S)および側壁(L)での拡張早期僧帽弁輪運動速度(e’)を計測し,平均(M)を算出した.左室充満圧の指標として,中隔(S)および側壁(L)のそれぞれのE/e’および平均(M)E/e’を算出
した.GMPIはQGS(Ver.2009)ソフトウェアを用い,時間容積曲線から最大充満速度(PFR),早期平均充満速度(1/3MFR)を算出した.TDIとGMPIの各指標と血中BNP濃度との関係をみた.
【結果】
1.TDIによるe’(S),e’(L),e’(M)それぞれの指標とBNPとの間には,e’(L)のみでR=0.3,P<0.05の有意な弱い負の相関を示した.2.E/e’(S),E/e’(L),E/e’(M)において,E/e’(S)でR=0.5,P<0.001,E/e’(L)でR=0.57,P<0.001,E/e’(M)でR=0.55,P<0.001といずれも有意な正の相関を示した.3.GMPIそれぞれの指標とBNPとの間には,PFRのみでR=0.4, P=0.01の有意な負の相関を示した.
【考察】
TDIによる左室弛緩能の指標とBNPとは明らかな相関関係を示さなかったが,左室充満圧の指標であるE/e´と良好な相関を示したことは,BNPが左室拡張末期圧をよく反映することに起因するものと思われた.
【結論】
左室収縮能正常例において,TDIを用いた左室充満圧の指標は血中BNP濃度と有意な相関を示し,拡張能評価に有用である.