Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心機能評価②

(S598)

収縮後期大動脈駆出血流の慣性力とVector Flow Mappingで求めた左室内圧勾配との関係

Relationship between Inertia Force of Late Systolic Aortic Flow and Intraventricular Pressure Gradient Assessd by Using Vector Flow Mapping

若見 和明, 菊池 祥平, 大手 信之

Kazuaki WAKAMI, Shouhei KIKUCHI, Nobuyuki OHTE

名古屋市立大学大学院医学研究科心臓・腎高血圧内科学

Department of Cardio-Renal Medicine and Hypertension, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences

キーワード :

【背景】
収縮後期大動脈駆出血流がもつ慣性力(inertia force:IF)が左室収縮をより増強させて,その結果蓄えたエネルギーを拡張早期に放出することでelastic recoilを介して左室弛緩を促進している.Vector Flow Mapping TM(VFM,日立アロカメディカル)法により新たに左室内の圧勾配を計測することが可能となった.
【目的】
VFMで求められる等容弛緩期における左室内圧勾配の値と左室収縮末期駆出血流がもつIFおよび左室弛緩能の指標との関係について検討する.
【方法】
対象症例は虚血性心疾患を疑い,心臓カテーテル検査および心エコー図検査を同日に施行しえた洞調律の74症例(平均年齢70歳,女性20%).心尖部カラードプラ3腔像において僧帽弁弁輪部より左室心尖部へサンプリングラインを設定し,VFM法(Prosoundα10TM)を用いて大動脈弁閉鎖前後の最大圧較差(-1.68±1.25 mm Hg)をサンプリングラインの長さで除した最大圧勾配(-0.26±0.20 mm Hg/cm)を算出した.これと従来の観血的心機能指標および左室内圧(P)-dP/dt関係より求めたIFとの関係を検討した.
【結果】
収縮末期から等容弛緩期にかけて得られた左室内最大圧勾配は,peak negative dP/dt,左室等容弛緩期時定数tauおよびIFとの間にそれぞれ有意な相関関係を認めた(順にr=−0.67,p<0.001;r=0.61,p<0.001;r=−0.69,p<0.001).先の報告に従いIF値<0.5mmHgをIFの欠如と定義すると,左室内最大圧勾配値-0.1をcut off値とすることで感度0.77,特異度0.86でIFの有無が検出可能であった.
【結論】
VFM法を用いることで左室elastic recoilの程度を推定しうることが示唆された.