Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 小児

(S590)

3D心エコーを用いたファロー四徴症(TOF)術後の右室機能評価-心臓MRIとの比較-

Right ventricle volume and function with 3D Echocardiography in patients after surgical repair of TOF : A comparative study

島袋 篤哉1, 瀧聞 浄宏1, 武井 黄太1, 田澤 星一1, 仁田 学1, 百木 恒太1, 内海 雅史1, 蛯名 冴2, 齊川 祐子2, 安河内 聰1, 2

Atsuya SHIMABUKURO1, Kiyohiro TAKIGIKU1, Kouta TAKEI1, Seiichi TAZAWA1, Mnabu NITTA1, Kouta MOMOKI1, Masafumi UTSUMI1, Sae EBINA2, Yuuko SAIKAWA2, Satoshi YASUKOUCHI1, 2

1長野県立こども病院循環器小児科, 2長野県立こども病院心エコーセンター

1Pediatoric Calgiology, Nagano Children Hospital, 2Echocardiography Center, Nagano Children Hospital

キーワード :

【背景】
ファロー四徴症(TOF)心内修復術後における右室容量・機能評価が肺動脈閉鎖不全の重症度を判定するうえで重要であり,心臓MRI(cMRI)による評価がGolden standardとされるが,近年,リアルタイム3D心エコー法(RT3DE)との相関が良好であるとの報告が散見される.
【目的】
RT3DEによるTOF術後の右室容量・機能評価についてcMRIと比較検討すること.
【対象】
2014年3月から2015年12月までの間にcMRIとRT3DEを同時期に施行したTOF術後患者50例(男32例:年齢1.4-31.1歳,中央値11.7歳)
【方法】
超音波装置はPhilips社製のiE33を使用し,3DプローブはX5-1またはX7-2を用いた.得られたfull volume dataをTomTec社製のRV Function 2.0解析ソフトを用い右室拡張末期容量RVEDV(ml))収縮末期容量ESV(ml))右室駆出分画EF(%)さらにRV longitudinal strain%(中隔,自由壁側),三尖弁輪移動距離TAPSE(mm)右室容積変化率RVFAC(%)を計測した.cMRIはPhilips社製1.5Tの装置を用い8mm sliceで撮影し,RVEDV, ESV, EFを計測した.両検査間の系統誤差についてはBland-Altman法による解析を行った.
【結果】
RVEDV index(ml/m2)ESV index(ml/m2)EF(%)についてはRT3DEとcMRI間でいずれにおいても強い相関を認めたが(RVEDVI r=0.91 p<0.01, ESVI r=0.85 p<0.01, EF r=0.61 p<0.01)EDVI, ESVIともに容量が大きくなるほど誤差を生じた.とくにEDVI 110ml/ m2以上では約14ml/ m2の誤差があった(図参照).一方,cMRI-EFとFACは中等度の相関(r=0.55 p<0.01)を認めたのみで,TAPSE, RVLS中隔側,RVLS自由壁側(r=0.09, r=0.26, r=0.08)との相関は認められなかった.
【結語】
TOF術後では右室容量・駆出率をRT3DEで定量的評価をすることが可能であったが,容量が大きくなると無視できない誤差となる.echo window内に大きい右室を収められないことが原因となることが予想される.