Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 小児

(S589)

ファロー四徴症術後の右心機能評価における2Dエコー指標の検討

Assessment of right ventricular function using 2D echocardiography in patients with repaired Tetralogy of Fallot

武井 黄太1, 瀧聞 浄宏1, 田澤 星一1, 仁田 学1, 島袋 篤哉1, 百木 恒太1, 内海 雅史1, 蛯名 冴2, 齊川 祐子2, 安河内 聰1, 2

Kohta TAKEI1, Kiyohiro TAKIGIKU1, Seiichi TAZAWA1, Manabu NITTA1, Atsuya SHIMABUKURO1, Kodai MOMOKI1, Masashi UTSUMI1, Sae EBINA2, Yuko SAIKAWA2, Satoshi YASUKOCHI1, 2

1長野県立こども病院循環器小児科, 2長野県立こども病院エコーセンター

1Department of Cardiology, Nagano Children’s Hospital, 2Echo Center, Nagano Children’s Hospital

キーワード :

【目的】
ファロー四徴症修復術後(rTOF)には遺残病変として肺動脈弁逆流が最も問題となり,心臓MRI(CMR)による右室容積や右室駆出率(RVEF)が再介入の指標にされる.しかしCMRは全ての施設で行えるわけではなく,日常臨床では主に2Dエコー(2DE)を用いて経過観察され,右室機能の指標として三尖弁輪収縮期移動距離(TAPSE),右室弁輪収縮期移動速度(s’),Myocardial performance index(MPI),面積変化率(FAC)が用いられる.近年スペックルトラッキング法(STI)によるストレインの右室機能評価における有用性も報告されており,本研究ではrTOFの右室機能評価におけるこれらの2DEを用いた指標の妥当性について検討した.
【方法】
当院で2014年2月〜2015年12月にCMRおよび2DEを6ヶ月以内に施行したrTOF 43例(13.5±6.0歳,男:女=26:17)について,CMRによる右室駆出率(RVEF)および記録された画像から2DEによる右室機能指標としてTAPSE,s’,組織Doppler法および血流速度波形によるMPI,四腔断面および乳頭筋レベル短軸断面におけるFAC(FAC4,FACs),STIによる右室全体および右室自由壁の長軸方向(GSl, FWSl)および円周方向(GSc, FWSc)のストレインを計測し検討した.尚,画角の問題からGSc, FWScを解析できたのは16例のみであった.STIは超音波診断装置iE33,S5-1/X5-1/X7-2プローブ(PHILIPS社製)を用いて画像を収集し,解析ソフトウェアQLAB 9.0(PHILIPS社製)を用いて解析した.
【結果】
CMRによる計測の結果は右室拡張末期容積係数(RVEDVI)=113.6±32.9ml/m2,RVEF=47.4±6.8%であった.上記2DEによる右室機能指標とRVEFとの相関を検討したところ,有意な相関を示したのはFAC4(R=0.41,p=0.007),FACs(R=0.50,p=0.001),FWSc(R=-0.53,p=0.033)の3指標でいずれも中等度の相関であった.GSlとGScも負の相関を示す傾向にあった.また,各指標に対する右室圧負荷・容量負荷の影響を検討する目的で症例を右室圧負荷(右室/左室圧比>0.5)および容量負荷(RVEDVI>100ml/m2)の有無で2群に分け,各指標をRVEFで除した値を2群間で比較したところ,圧負荷の有無では有意差は認めなかったが,容量負荷の有無ではTAPSEおよびs’が容量負荷のある群で有意に高値であった(p=0.001,p=0.047).
【考察】
2DEによる右室機能指標のうち,RVFEと有意な相関を示したのはFACのみで,他の各指標は相関を示さなかった.特にTAPSEとs’は右室容積の拡大に伴って高値をとりやすく,右室容量負荷を伴うrTOFにおいては注意が必要と考えられた.またSTIを用いたストレインも有用な指標と考えられた.また,短軸像を用いた評価でも有意差が得られており,rTOFにおいては長軸方向だけでなく円周方向の右室機能の評価も必要と考えられた.