Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.677(2017年)→0.966(2018年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 小児

(S589)

胎児期から連続するエコー検査による単純型大動脈縮窄症の治療適応予測因子

The risk factors of surgical repair for simple coarctation of the aorta by the serial echocardiographic examinations in prenatal period

百木 恒太1, 安河内 聰1, 瀧聞 浄宏1, 武井 黄太1, 田澤 星一1, 仁田 学1, 島袋 篤哉1, 内海 雅史1, 岡村 達2

Kodai MOMOKI1, Satoshi YASUKOCHI1, Kiyohiro TAKIGIKU1, Kota TAKEI1, Seiichi TAZAWA1, Manabu NITTA1, Atuya SHIMABUKURO1, Masashi UTUMI1, Tohru OKAMURA2

1長野県立こども病院循環器小児科, 2長野県立こども病院心臓血管外科

1Department of Pediatric Cardiology, Nagano Children’s Hospital, 2Department of Cardiovascular Surgery, Nagano Children’s Hospital

キーワード :

【背景】
単純型大動脈縮窄症(simple CoA)は胎児エコー検査にて診断,さらに出生後の治療適応について予測することは困難な先天性心疾患である.
【目的】
胎児期にsimple CoAが疑われた児で,どのような心エ計測値が大動脈形成手術の危険因子となるか検討すること.
【対象】
期間は2013年3月- 2015年12月で,胎児心エコーでsimple CoAが疑われた症例10例.
【方法】
出生後に手術となった4例,手術適応とならなかった6例に分け①胎児期,②日齢0,③その後のフォローの3 phaseでのエコー所見を比較した.
手術症例と非手術症例でそれぞれ,①の週数30.5週(30 - 37)vs 30週(21 - 35),推定体重1274.5g(1150 - 2670)vs 1556.5g(435 - 2666),出生週数35週(32 - 38)vs 37.5週(37 - 40),出生体重1949g(1120 - 2798)vs 2801g(1896 - 3012),③の日齢10.5(8 - 15)vs 12(3 - 47).胎児心臓超音波検査はGE社Volson E8,E10を使用し,生後はフィリップス社IE33,GE社E9,シーメンス社SC2000を使用した.計測部位は,Aortic root(ascending aorta(AAo),proximal arch,distal arch,sagitalのisthmus(I),descending aorta(DAo)),mitral valve diameter,tricuspid valve diameter,Aortic valve diameter,pulmonary valve diameter,LV length,RV length,LV mid diameter,RV mid diameter,main pulmonary artery,ductus arteriosus(D)で3 phaseでの各計測値の成長の有無についても検討した.
【結果】
手術例vs非手術例で,①におけるisthmus z scoreは-6.34(-7.22 - -2.94)vs -1.0(-1.89 - 1.25),I/DAo ratioは0.4(0.2 - 0.51)vs 0.63(0.49 - 0.83),I/ AAo ratio 0.41(0.25 - 0.6)vs 0.61(0.53 - 0.67),I/D ratio 0.32(0.19 - 0.52)vs 0.66(0.58 - 0.73),AAo z score-2.33(-3.39 - -1.54)vs -0.11(-1.82 - 0.92),AAo / MPA ratio 0.48(0.44 - 0.65)vs 0.63(0.55 - 0.72)で有意差を認めた(p<0.05).②におけるI/DAo ratio 0.33(0.3 - 0.5)vs 0.64(0.49 - 0.73),I/AAo ratio 0.35(0.24 - 0.57)vs 0.69(0.39 - 0.85),I/D ratio0.3(0.22 - 0.49)vs 0.73(0.37 - 1.75)で有意差を認めた(p<0.05).③においては,I/ AAo ratio ratio0.25(0.17 - 0.47)vs 0.73(0.49 - 0.78),I/DAo ratio0.31(0.24 - 0.42)vs 0.85(0.76 - 0.85)で有意差を認めた(p<0.05).胎児期にisthmus径が小さくとも,経過とともにisthmus径が成長する症例では手術とならず,手術例ではisthmus径の成長を認めなかった(p<0.05).
【結語】
胎児期エコーで初回sagital-isthmus径が小さく,かつ経時的に成長を認めない症例では手術となる.