Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 経食道エコー・弁膜症

(S583)

3D経食道心エコーの3D volumeデータを用いた僧帽弁逆流の定量評価法の有用性

Quantitative Evaluation of Mitral Regurgitation Using Ventricular Volumes by 3D Transesophageal Echocardiography

寺田 舞1, 馬原 啓太郎1, 田村 晴俊1, 繼 敏光1, 齋藤 美香2, 福本 梨沙1, 安部 開人1, 大久保 健志1

Mai TERADA1, Keitaro MAHARA1, Harutoshi TAMURA1, Toshimitu TSUGU1, Mika SAITO2, Risa FUKUMOTO1, Kaito ABE1, Takeshi OKUBO1

1榊原記念病院循環器科, 2榊原記念病院循環器小児科

1Cardiovascular Medicine, Sakakibara Hearft Institute, 2Pediatric Cardiology, Sakakibara Hearft Institute

キーワード :

【背景・目的】
従来施行されてきた僧帽弁逆流に対しての心エコーによる定量評価には2D経胸壁心エコー(2DTTE)を用いたPISA法とvolumetric法があるが,十分ではない.我々は3D経食道心エコー(3DTEE)による3D volumeデータから解析した右室の全心拍出量(total stroke volume)と左室の全心拍出量(total stroke volume)を用いて僧帽弁逆流の逆流量(ReV)を算出し(3D volume法),僧帽弁逆流の重症度について僧帽弁手術後の左室のリモデリングの程度をreference standardとして従来の2D PISA法,2D volumetric法と3D volume法を比較検討した.
【方法】
当院で僧帽弁逆流に対して僧帽弁単独の手術を施行された48例にて検討した.中等度以上の他の弁膜症合併例,心房細動例は除外した.術前2DTTEと3DTEEを施行,また術後一週間以内に2DTTEを施行した.3DデータをTom Tec社4D LV Analysis, 4D RV Functionで解析し,左室拡張末期容量(LVEDV),左室収縮末期容量(LVESV),右室拡張末期容量(RVEDV),右室収縮末期容量(RVESV)を測定し,術前逆流量(ReV)をLV total stroke volume-RV total stroke volume=(LVEDV-LVESV)-(RVEDV-RVESV)から算出した.また術前2DTTEにてPISA法とvolumetric法から術前ReVを算出した.さらに術前(pre),術後(post)の2DTTEより術後の左室リモデリング(LVEDV(pre)-LVEDV(post))を算出し,術前ReVのreference standardとした.
【結果】
術後の左室リモデリングと術前ReV(2D PISA法)とは有意な相関を認めなかった(r=0.098, P=0.517)が術前ReV(2D volumetric法)とは正の相関関係を認めた(r=0.544, P<0.0001).一方術後の左室リモデリングと術前ReV(3D volume法)とは良い正の相関関係を認めた(r=0.740, P<0.0001).
【結語】
僧帽弁逆流の定量評価法として3DTEEによる3D volumeデータを解析して算出された3D volume法は従来の方法である2D PISA法や2D volumetric法より正確であると考えられる.