Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 右心機能・運動負荷

(S579)

肺高血圧症における心エコー図による肺血管抵抗の推定について

Estimation of pulmonary vascular resistance by echocardiographic parameters in patients with pulmonary hypertension

天野 裕久1, 福田 怜子1, 豊田 茂1, 吉原 明美2, 高瀬 直敏2, 川又 美咲2, 江尻 夏樹2, 今野 佐智代2, 竹川 英宏2, 井上 晃男1

Hirohisa AMANO1, Reiko FUKUDA1, Shigeru TOYODA1, Akemi YOSHIHARA2, Naotoshi TAKASE2, Misaki KAWAMATA2, Natuki EJIRI2, Satiyo KONNO2, Hidehiro TAKEKAWA2, Teruo INOUE1

1獨協医科大学心臓・血管内科, 2獨協医科大学超音波センター

1Department of Cardiovascular Medicine, Dokkyo Medical University, 2Center of Medical Ultrasonics, Dokkyo Medical University

キーワード :

【背景】
肺高血圧症において診断,治療効果判定に右心カテーテル法による平均肺動脈圧(mean pulmonary artery pressure: mPAP)が用いられることが多い.肺高血圧症ではその病態の悪化により肺動脈圧は上昇し,ついには右心不全に陥る.右心不全に陥った右心室では心拍出量(cardiac output: CO)が低下するため,COに大きく影響を受ける肺動脈圧は頭打ち,もしくは低下する.肺血管抵抗(pulmonary vascular resistance: PVR)はCOの増減が加味されており,mPAPより肺高血圧症の病態を正確に反映するとされている.しかし,PVRは右心カテーテル法を用いなければ得られないため,入院が必要であり,侵襲度も高い.一方2D心エコー図は侵襲度が低く,簡便であり,外来においても頻繁に検査可能であるが,PVRを直接測定することは不可能である.近年では2D心エコー図を用いてPVRを推定する方法が複数報告されている.しかしどの指標がもっとも正確にPVRを反映するのかは明らかでない.
【目的】
今回,我々は右心カテーテル法によるPVRとこれまでに報告された2D心エコー図による複数の推定指標との関係を検討した.
【方法】
当科通院中の肺高血圧症例12例を対象とし,計34回の右心カテーテル法と数日以内に2D心エコー図を行った.2D心エコー図では三尖弁逆流最大血流速度(TRV),右室流出路血流の時間速度積分値(RVOT-VTI),右室流出路血流速波形のacceleration time(AcT)と同血流波形の持続時間(ET),三尖弁逆流波形の開始から右室流出路血流波形の開始までの時間(PEP)を計測し,TRV/ RVOT-VTI,TRV2 / RVOT-VTI,(PEP / AcT)/(PEP+ET),esPAP/(HR×RVOT-VTI)を用いて算出た.これら4つの予測指標にRV Tei indexを加え,右心カテーテル法によるPVRとの関係を検討した.
【結果】
単回帰分析では右心カテーテル法によるPVRと心エコー図での(PEP/AcT)/(PEP+ET)との間で最も強力な正の相関がみられた(r=0.658,p<0.001).重回帰分析においても単回帰分析で相関の低かったTRV/RVOT-VTIを除く4推定指標中(PEP/AcT)/(PEP+ET)が最も強力な独立したPVRの予測因子であった.治療前後の各推定指標の変化率の検討でもPVRの変化率は(PEP/AcT)/(PEP+ET)の変化率と最も強い相関がみられた(r=0.545,p<0.01).
【結語】
肺高血圧症患者において2D心エコー図によるPVRの推定は有用と考えられた.