Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心機能評価①

(S577)

高血圧患者における非特異的ST-T変化と左室global longitudinal strainの関連について

Non-specific ST-T change in electrocardiogram is associated with left ventricular global longitudinal strain in hypertensive patients

石川 讓治1, 山中 祐子2, 渡辺 慎太郎3, 田中 旬1, 原田 和昌1

Joji ISHIKAWA1, Yuko YAMANAKA2, Shintaro WATANABE3, Shun TANAKA1, Kazumasa HARADA1

1東京都健康長寿医療センター循環器内科, 2自治医科大学循環器内科, 3佐野厚生総合病院循環器内科

1Cardiology, Tokyo Metropolitan Geriatic Hospital, 2Cardiology, Jichi Medical University School of Medicine, 3Cardiology, Sano Kosei General Hospital

キーワード :

【背景】
心電図における非特異的ST-T変化は,心筋の再分極異常を反映し,高血圧患者においてしばしば認められる所見である.しかし,非特異的ST-T変化と左室心筋における内膜側および外膜側の局所壁運動(strain)の違いに関する報告は少ない.
【方法】
高血圧性心疾患のスクリーニングのために心臓超音波検査を施行した連続288名において,2Dスペックルトラッキング法を用いてglobal longitudinal strain(GLS),Radial strain(RS),およびCircumferential strain(CS)を,内膜側,外膜側,全層において計測した(Toshiba,Altida).心電図における非特異的ST-T変化は,いずれかの誘導における0.1mV未満のST低下もしくは,平坦もしくは陰性T波と定義し,有意なST-T変化は0.1mV以上のST低下と定義した.
【結果】
平均年齢は63.4±13.2歳(男性47.9%)であった.非特異的ST-T変化は高血圧患者の29.6%において認められ,有意なST低下は5.6%に認められた.非特異的ST-T変化を認めた患者は,Cornell product(P=0.018), Sokolow-Lyon voltage(P<0.001),左室重量係数(LVMI)(P=0.014)および中隔側のE/e’(P=0.019)が高値であり,全層におけるGLS(-12.8±3.0 vs. -14.0±2.6,P=0.010)も高値であったが,これらの関連は心内膜層と外膜層の間で大きな違いはなかった.特異的ST-T変化を認める患者においては,左室重量係数および心血管リスクファクターで補正した後も,全層のGLSが高値であった(P=0.042).しかし,特異的ST-T変化を認める患者と認めない患者の間では,RSやCSには有意差を認めなかった.
【結果】
非特異的ST-T変化を認める高血圧患者ではglobal longitudinal strainが上昇しているが,その関連は心内膜側および心外膜側において大きな差は認めなかった.