Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 弁膜症

(S571)

大動脈弁狭窄症に対する術前後での心機能・形態変化の比較:生体弁3種類間での検討

Comparison of three bioprosthetic valves regarding early hemodynamic performance after aortic valve replacement in patients with aortic stenosis

安井 謙司1, 湯田 聡1, 2, 3, 村中 敦子3, 藤田 美紀1, 大井 由紀子1, 阿部 記代士1, 橘 一俊4, 川原田 修義4, 髙橋 聡1, 2, 三浦 哲嗣3

Kenji YASUI1, Satoshi YUDA1, 2, 3, Atsuko MURANAKA3, Minori FUJITA1, Yukiko OI1, Kiyoshi ABE1, Kazutoshi TACHIBANA4, Nobuyoshi KAWAHARADA4, Satoshi TAKAHASHI1, 2, Tetsuji MIURA3

1札幌医科大学附属病院検査部, 2札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座, 3札幌医科大学医学部循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座, 4札幌医科大学医学部心臓血管外科学講座

1Division of Laboratory Diagnosis, Sapporo Medical University Hospital, 2Department of Infection Control and Laboratory Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine, 3Department of Cardiovascular, Renal and Metabolic Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine, 4Department of Cardiovascular Surgery, Sapporo Medical University School of Medicine

キーワード :

【背景】
高齢化に伴い,大動脈弁狭窄症(AS)が増加している.近年,経カテーテル大動脈弁置換術が可能となったが依然,ASに対する外科治療の第一選択は外科的大動脈弁置換術(SAVR)である.高齢者例では多くの場合,生体弁が選択されるが,その種類間での血行動態の差異や,心機能・心形態に与える影響に関する検討は十分ではない.
【目的】
生体弁の種類間で術後の生体弁機能や,心機能・心形態に差異があるか否か検討すること.
【対象および方法】
2011年1月から2015年5月までの間に,ASに対してSAVRが施行され,代表的な生体弁であるtrifecta弁(T弁群,n=10),MAGNA弁(MG弁群,n=10)もしくはmitroflow弁(MF弁群,n=11)を選択された31例(平均74±11歳,男性14例)を対象とした.同時に冠動脈バイパス術と僧帽弁に対する手術が施行された例は,検討から除外した.
【結果】
術前において,3群とも重度AS(大動脈弁口面積<1.0 cm2)であり,3群間において心機能・心形態指標に差異はなかった.用いた生体弁のリング径は,T弁群(21±2 mm),MG弁群(20±1 mm)とMF弁群(20±1 mm)で差は認めなかった(p=NS).術後(平均11日)に評価した3群の心エコー指標の比較では,MF弁群とMG弁群の大動脈弁通過血流最大流速(AV-Vmax: MF弁群vs. MG弁群 2.5±0.5 vs. 3.0±0.5 m/sec,p<0.05)と大動脈弁通過血流平均圧較差(AV-meanPG)のみ差異を認めた.一方,術後の有効弁口面積(EOA)と有効弁口面積係数(EOAI)(T弁群:1.1±0.2 vs. MG弁群:1.0±0.2 vs. MF弁群:1.1±0.4 cm2/m2,p=NS)には,3群間で有意差がなかった.術前後での変化度(術直後-術前)の比較では,EOAI(T弁群:0.6±0.2 vs. MG弁群:0.5±0.2 vs. MF弁群:0.7±0.3 cm2/m2,p=NS),AV-meanPGの改善度,左室駆出率(T弁群:-1±7 vs. MG弁群:1±6 vs. MF弁群2±12%,p=NS)や左室心筋重量係数(T弁群:-5±32 vs. MG弁群:-7±31 vs. MF弁群-19±32 g/m2,p=NS)の変化度に,3群間で差は認めなかった.
【考察】
MF弁群ではMG弁群に比べ,術後のAV-VmaxとAV-meanPGが低値であったのは,生体弁の構造の差異によるものと考えられる.
【結語】
ASに対するSAVRで用いられた生体弁3種類間において,術直後のAV-VmaxとAV-meanPGには差を認めたが,術直後のEOAIや心機能・心形態の変化度に差異はなかった.