Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 弁膜症

(S570)

大動脈弁置換術後の置換弁通過血流速度と僧帽弁閉鎖不全症の変化に関する検討

The relationship between doppler velocity index and mitral valve regurgitation in patients undergoing aortic valve replacement

小林 淳1, 及川 雅啓1, 中里 和彦1, 鈴木 均1, 高瀬 信弥2, 斎藤 修一1, 竹石 恭知1, 横山 斉2

Atsushi KOBAYASHI1, Masayoshi OIKAWA1, Kazuhiko NAKAZATO1, Hitoshi SUZUKI1, Shinya TAKASE2, Shu-ichi SAITHO1, Yasuchika TAKEISHI1, Hitoshi YOKOYAMA2

1福島県立医科大学循環器・血液内科学講座, 2福島県立医科大学心臓血管外科学講座

1Department of Cardiology and Hematology, Fukushima Medical University, 2Department of Cardiovascular Surgery, Fukushima Medical University

キーワード :

【背景】
大動脈弁狭窄症(AS)は,しばしば僧帽弁閉鎖不全症(MR)を合併する.ASによる後負荷増大にてMRが生じていることが多く,ASの外科的治療によりMRが軽快することが多いが,術後のMR残存は死亡率が上昇することが示されている.ASの外科的手術は中等度以上のMRを伴うときは外科的治療を加えるとされるが,軽度以下の僧帽弁逆流の大動脈弁置換術(AVR)前後での変化についての報告は少ない.
【目的】
今回我々は,ASに対するAVR前後でのMRの変化と術後の心エコー図所見の関連性について検討した.
【方法】
対象は2011年1月から2014年12月まで当院でASに対するAVRを施行し,手術前後で経食道エコーでMRを評価し得た中で,僧帽弁に対する外科的治療を行わなかった27名とした.対象の年齢は70±9.6歳.男性19名,女性8名であった.感染性心内膜炎,左室流出路狭窄の合併,緊急症例を除外した.術後にMRが軽快または不変だった群を軽快群(n=23),術後にMRが増悪した群を増悪群(n=4)とした.術後の心エコー図を施行して左室拡張末期径,左室収縮末期径,左房径,左室駆出率を計測した.また大動脈弁位人工弁の評価として左室流出路径,最大通過血流速度,平均通過血流速度,DVI(Doppler velocity index),AT(acceleration time)を測定した.軽快群と増悪群でのそれぞれの評価項目に対して比較検討した.
【結果】
軽快群と増悪群で左室拡張末期径,左室収縮末期径,左房径,左室駆出率に有意な差を認めなかった.DVIは軽快群と比較して増悪群が有意に低値(0.47±0.12 vs 0.34±0.07,P<0.05)であった.左室流出路径,最大通過血流速度,平均通過血流速度,ATには有意な差は認めなかった.
【結語】
AVR後のMR増悪にはDVIで評価した大動脈弁位人工弁の機能低下が関与していることが示唆された.