Online Journal
電子ジャーナル
IF値: 0.966(2018年)→0.898(2019年)

英文誌(2004-)

Journal of Medical Ultrasonics

一度このページでloginされますと,Springerサイト
にて英文誌のFull textを閲覧することができます.

cover

2016 - Vol.43

Vol.43 No.Supplement

一般口演
循環器 心房細動・ペーシング

(S568)

両室ペーシング機能付き除細動器植え込み患者の長期心エコー図検査データの検討

Long-term Follow-up Echocardiographic Data in Patients with Cardiac Resynchronization Therapy Defibrillator

松崎 七緒1, 柏瀬 一路1, 竹田 泰治1, 平田 明生1, 樋口 義治1, 尾下 正秀2, 安村 良男1

Nanao MATSUSAKI1, Kazunori KASHIWASE1, Yasuharu TAKEDA1, Akio HIRATA1, Yoshiharu HIGUCHI1, Masahide OSHITA2, Toshio YASUMURA1

1大阪警察病院循環器内科, 2大阪警察病院消化器内科

1Cardiovascular Medicine, Osaka Police Hospital, 2Gastroenterological Medicine, Osaka Police Hospital

キーワード :

【背景】
両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)は,心収縮能が低下し,心臓の同期不全を伴う慢性心不全患者において,心不全悪化を防止するのみならずその予後を改善することが報告されている.左室収縮の同期不全の検出に心エコー図検査などの画像診断に使用されているが,いまだ判定法は確立しておらず,CRT-Dの反応性・有効性の指標は定まっていない.日本におけるCRT-D植え込み患者の長期臨床経過のデータは十分ではない.
方法と結果:我々は2006年から2013年までCRT-D植え込みを行った67人の患者の心エコー図検査データを分析した.植え込み6か月後と3年後のデータが得られたのは38人の患者であった.左室収縮末期容積(ESV)の変化を用いてレスポンダー(6か月後の⊿ESV<-15%(N = 16))とノンレスポンダー(6か月後⊿ESV≧-15%(N = 22))のグループに分けた.3年後のデータではレスポンダー群の5例(31%)で⊿ESV≧-15%であり,一方ノンレスポンダー群の4例(19%)で,⊿ESV<-15%であった.
【結論】
CRT-D植え込み後短期では良好な効果を示すが,長期では効果が不良となる例がある.また,短期では効果が不良であるが,長期では良好な効果を示す例がある.したがって,我々はより慎重に心エコー図検査データの変化に注意を払う必要がある.